2008年10月6日月曜日

日本株見通し 20081006

海外のニュースに押されて、本来の日本株に目が行かない。 基本は様子見だが現状を踏まえて少しメモを残しておこう。

①政治情勢  麻生首相「解散、今は考えず」 衆院予算委審議入り
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081006AT3S0600506102008.html

補正予算を審議して上げるのが一番。外需に頼れない認識はあるが、補正で2~3%の名目成長率の達成し、その上で財政再建は外人投資家(外需に頼ってしまう)から魅力無し。
民主党の「行政のムダを徹底的になくす。」は良いが「中小企業を元気にして、日本経済を生き返らせる。」はバラマキ臭が少し気になるか。 いずれにせよ解散総選挙がないと混迷は続き、好材料なり得ない。 市場はむしろ米国の選挙の方が気になる。


②経済
在庫や設備に過剰感は無い。 欧米のようにサブプライムの影響も限定的である。 銀行がしっかりしている。 しかし、もともと外需依存の経済で、内需がリードしたことなど最近は無い。 企業は原材料費、株主還元大幅増加の中、人件費、国内設備投資等は削減してきている。賃金上昇の無い中での個人消費の盛り上がりは期待薄である。 折角の株主還元も外人持ち株比率が高い為に外に出て行く。世界的な景況感悪化の中でどう戻るのかがポイントである。 少なくとも目先ではなさそうだ。


③心配事 ドル暴落
ここのところユーロの短期資金需給と共に、システム全体のありようが心配事になり、ユーロヘッジ、リパトリの影響からドル安の危険性は薄まっているが、どこかでドル安が来る事は投資家の心理に焼きついている。 起承転結で言えば転の部分かもしれない。 強調利下げに入っても信用収縮の解決になるかは疑問。


④中国 
中国経済、金融危機のなかでも急成長を維持できる=温家宝首相
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-34111420081006

[北京 5日 ロイター] 中国の温家宝首相は5日、世界的な金融危機が起きているが、同国の金融機関は収益性とリスク耐性が増しており、金融システムは「健全で安全だ」との見解を示した。

 新華社によると、同首相は訪問先の中国南部の広西自治区で「世界の経済状況」は劇的に変化し、米国サブプライム危機による「世界の金融市場や世界経済全体への深刻な悪影響はさらに拡大している」と述べた。

 中国人民銀行(中央銀行)は4日、「非常に速い」成長の維持は、世界経済が金融危機を克服するために中国ができる最大の貢献であるとの見方を示した。また、米国での金融安定化法の成立を歓迎し、中国が経済成長と金融の安定を持続できることを「十分に確信している」との見解も示していた。

 新華社によると、同首相は「多くのネガティブ要因が国内外であるなか、中国は積極的かつ適切に対応し、マクロ経済政策の予測可能性、適切性、柔軟性を向上させる努力を重ね、経済発展上の未解決の問題を適時解決してきた」と述べた。

 また「結果として中国経済は、円滑で急速な発展の勢いを維持してきた」とし、「われわれは中国の経済発展と金融の安定を十分に確信している。人口13億人の大国が、持続的かつ円滑で速い経済発展を維持できることは、世界にとって最大の貢献である」とも語った。

円滑で急速な発展の勢いに関して最近指摘されるのは、中国におけるインフレだろう。 購買力維持の為には人民元の大幅な切り上げが必要だが、③のドルの暴落と絡み、米国長期金利の上昇と言う過程を経て世界経済低迷へと繋がるかもしれない。

また不動産バブルを指摘する意見も多い。


⑤結論
何も無理して投資しなくて良い人は投資すべき時期では無い。

でもチャートだけ見ていると一旦反発ありかなとは思うけれど、やはり何もしません。

0 件のコメント: