2008年10月5日日曜日

株式市場 ②


先週は実に多くの事が起こった。
BBCサイトにわかり易い図。

米金融安定化法が可決、英文名:Emergency Economic Stabilization Act of 2008。
この法案不良債権以外にも、様々な証券の購入が可能で、株式や優先株等を通じての実質資本注入も可能ではないかとの議論も。

時価会計については、
Section 132. Authority to Suspend Mark-to-Market Accounting.
Restates the Securities and Exchange Commission’s authority to suspend the application of Statement Number 157 of the Financial Accounting Standards Board if the SEC determines that it is in the public interest and protects investors.

もし公共の利益と投資家保護の為ならば、SECは時価会計を停止できる。
以前から議会から意見は上がっていましたが、欧州の金融機関の時価会計摘要等を考慮するに、日本はダチョウ倶楽部の「聞いてないよ。」状態だ。
またここまで疑惑の残っていたVIE:Variable Interest Entity(SPE)、さらにレベル2、3問題も含めて一気に方がつく?
副作用は心配だ。

「負の資産隠し」を許した米国の盲点

2008年9月金融危機を検証する




そして破綻のリスト、
9月25日   ワシントン・ミューチュアル  米国
9月28日   フォルティス          ベネルクス 
9月29日   B&B              英国
          ヒポ・レアル・エステート    ドイツ
                      ブリニトル銀行                      アイスランド
                    ワコビア                                米国 
9月30日       デクシア                                  仏・ベルギー

詳しく纏められたブログがあった。

0 件のコメント: