2008年10月6日月曜日

欧州

日々の動きが早い。
ヒポ・レアルエステートの救済計画が破綻。
想定した損失より多くなりそう。計画は350億ユーロであったが、ドイツ紙ウェルトでは2009年末で1000億ドルになる可能性があるとの事。 この数字の乖離ぶりは問題の深さを示している。 

それを受け、ドイツは個人預金を全額保護。メルケルはアイルランドによる全額保護を強く非難していたばかり。 フランスの預金保護制度は上限70000ユーロ、資金移動も懸念か?

欧州首脳:金融危機に各国で対処 - 地域全体合意無し

米国シティG NY州地裁がワコビアとの独占的交渉の延長認める。
シティへの不安??

米国住宅問題から欧州信用不安へ。
株は様子見。

0 件のコメント: