2008年10月7日火曜日

三空叩き込み ならず?

本日の東京市場はNYと同じく下ひげの長い陰線となった。
流動性を求めて株式を売却する力と日経225 1万円割れに対する打診買いの結果と思われる。最近は結構出来高が出来ており、余裕のある向きは入るポイントだろう。

悪材料には事欠かないし、欧州の不安は増すばかり。
好材料成りえるニュースは、

フランスのG8呼びかけ 金曜日 協調緩和?

ピムコのグロス氏
決済へのサポート訴え


FED CP市場サポート検討中

個別株の動きは正に真空地帯。 任天堂(7974)の高値36,950、安値31,800の差は16%もある。
次回は突っ込めば買ってくる。


0 件のコメント: