2008年10月17日金曜日

Bloomberg News 宇野氏の予想

米国の株式除く証券市場の規模が25兆ドルぐらいかな


10月17日(ブルームバーグ):米国の証券化商品などに関連した不良資産 は25兆ドル規模に膨らむ。米国経済の減速には歯止めがかからず、ドル安・米 株安がさらに進む―。三井住友銀行市場営業推進部の宇野大介チーフストラテジ ストは16日のインタビューで、「控えめに見積もっても、ドルは年内に1ドル =90円、ダウ工業株30種平均は7000ドルまで下落する」と予想した。

  宇野氏は、米住宅市場の崩壊や景気悪化を背景に、米証券化商品をはじめと する不良資産は一段と増加していると指摘。時価評価額の算定が難しいとして自 社で独自に価値を推定する「レベル3」区分の資産や簿外での運用分も考慮する と、損失は米政府の公的資金注入額より「2けた大きい」と述べ、米国内総生産 (GDP)の2倍弱に当たる25兆ドル規模に達するとの見方を示した。

2006年時点での世界の株式市場の規模が49.2兆ドル、債券が60兆ドル、デリバティブスが11.5兆ドル、商業銀行資産が68.8兆ドル。保険を含まない金融サービス計が189.5兆ドル。

誰か25兆ドルの中身見ました?
大き過ぎますね。

0 件のコメント: