2008年11月18日火曜日

BIG3 と日系自動車メーカー

マンキュー教授のブログに面白いチャートが出ていた。
ソースはミシガン大のマーク・ペリー教授
total compensation=人件費(単なる時給では無く、社会保障費等全て合算した)


日系メーカーは現地工場での人件費。為替は関係無い。
米国民の共感は得られるか?
250億ドルの民主党による支援案は可決不可能との見方が強い。
オバマ新大統領としてはこれを機に人件費問題等に解決策を探して行くのではないだろうか?

追記12月15日:これらの数字にはGM退職者432,000人のコストを従業員の頭数で割ってある為、現在のGMの労働者が現実に受け取っている数字とはかけ離れている。
But GM, which negotiated the four-year deal that serves as a template for UAW deals with Chrysler and Ford, says its total hourly labor costs dropped 6 percent this year from pre-contract levels, from $73.26 in 2006 to around $69 per hour. The new cost includes laborers' wages of $29.78 per hour, plus benefits, pensions and the cost of providing health care to more than 432,000 GM retirees, GM spokesman Tony Sapienza said.

0 件のコメント: