2009年1月12日月曜日

週末雑感 090112


先週は大手証券の新春セミナーに参加させてもらい、ほぼ全業種にわたって勉強させてもらった。来週も2日程あるが楽しみだ。 セルサイドでこの手は企画もした事があるせいか、内容もさる事ながら、運営上の問題(弁当をどうするかなど)も気になってしょうがないが、今回はさすがと言う感想だ。

普段、質問されても答えられないような事も、納得で教えられたりする。 知らなかったのは私だけなのかもしれないが、例えばエイズ。 90年代中盤まで米国の25-44歳死亡原因では事故死を抑えて1位で人口10万人中37名であったのが、05年では7名迄低下し、1)事故、2)がん、3)心臓病、4)自殺、5)他殺、に次いで6位まで低下している。 これは多数のアプローチの併用(カクテル療法)で不治の病では無くなったからだ。 同じように癌に関しても併用療法で生存期間が延びてきているそうだ。

”言われてみれば”と言うアイテムで行くと、DS lite とwiiは発売以来一度も値下げされずに3回目のクリスマスを迎える初めてのゲーム機器だそうで、無線LANビルトインで単なるゲーム機に留まらない可能性は大きい。 なにより天才岩田社長だから、我々凡人の想像力は軽く超えているだろう。

電話会社は08年2月の家族間無料サービスで音声料金競争が終焉、端末割賦販売化で機種変更サイクルは長期化するが、大幅な費用減になる。ARPUが下げ止まり。等々で通信各社はこの不況下でも利益成長持続の可能性が高い。

皆も体感していると思うが、最近のテレビはジャニーズか吉本か女子アナで、クイズ番組ばっかりだ。スポット広告の低迷は深く長く、電波利権にたよっていると、近い将来致命的になる蓋然性は高い。各局は制作費の削減に乗り出してきたようで、さらなるコンテンツの劣化が見られるかもしれない。むしろ少々アングラっぽくなったほうが面白いかもしれないが。

ここ4,5年映画館の座席等設備が良くなってきたなと言うシネコンも既にオーバースクリーンの状況だそうだ。 スポーツやコンサート中継などアイデアは出てきているが、構造不況か?

一方で自動車や鉄鋼等市況関連は未だ予測が立てられない状況なのだろう。株式市場の予想も水準が下げ過ぎだから反発と言う以外にあまり良い理由は見つかっていない。

左のグラフ(CR US Gov)は10日発表のオバマ氏の経済対策の効果を失業率で表している、この対策は現在議会で修正が入りそうだが、米国政府の企図とタイミングは分かりやすい。 2009年3Qで失業率がピーク。

明日からも円高圧力強く、頭を抑えられた展開からのスタートになりそうだ。

0 件のコメント: