2009年1月14日水曜日

食料問題

  • 世界の穀物生産は約22億トンで過去最高を記録しているが、在庫率は約18%と過去最低である。(90年代は30%あった。)
  • 2005年から2020年にかけて地球では毎年7000万人の人口が増加していく計算。
  • 世界の陸地面積は130億ヘクタール。 その内、耕作可能面積は4割で、実際に耕作されているのは1割。
  • 耕作地面積の年成長率は0.2~0.3%。耕地の経済性の問題がある為なかなか増えない。アマゾンのように環境問題もある。
  • 先進国は一人当たり年間約80Kgの肉を食べる。 世界平均は約40kgで、アジアは24kg。日本や韓国は世界平均並で中国も同水準まで追いついて来たが、香港、台湾は先進国並みの消費量。 中国も経済成長でまだまだ肉を食べると言う事。
  • 牛肉1kgには穀物11kgがエサとして必要。豚1kgには7kg、鶏肉1kgには3kgが必要。牛肉は効率が悪い。
  • 穀物の単位収穫量は1960年から2倍になったが伸び率は鈍化。
食料品価格の上昇圧力には変化は無い。
今日は農業ビジネスの勉強しました。

0 件のコメント: