2009年2月23日月曜日

読書タイム

以前はブルーンバーグとクィックとネットではロイターや日経のHPは見ていると言うよりも殆ど張り付いていたが、ブログに注目するようになって随分情報収集の方法が変わった。勿論注目書籍等には目を通していたつもりだったが、何かと抜けが多かった事に気付かされた。 これはコミュニティーの狭さもあるが、ある意味同じような環境で同じような経験をしてきた人間にとって、似たような人間との付き合いが増えてしまう事が一番大きい。

今は池田信夫ブログのお勧めになるままに読んできたが、ここに来てやっ
と最近ご紹介の本までたどり着いた。

私の場合本自体にはメモを取らず付箋にキーワードを書いて貼り付けるやり方だが、読後に付箋の分量で新しく得た情報量が分かる。
なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学は付箋もおおく、池田ブログを読む為のガイドブック的な色彩があるが、考え方の整理には効果がある。 副次的に東大の林文夫教授のコモディティのレポート等にもアクセスできて有りがたかった。 商品と株式の相関関係が乱れた今でも実務上とても参考になる。

市場の変相は付箋の数が物凄く多かった(物を知らないことを告白しているようで恥ずかしいが)。またPIMCOのHPは日本語サイトも含めて質の高い情報を提供してくれている。 副次的にDVD「アマデウス」を購入する事になってしまった。

ネット上ではともかく不評な資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言は付箋は少なく年寄り染みてはいるが、終盤で「ベーシック・インカム」を提唱するなど、やはり読んでおいて損は無いと思う。 「ベーシック・インカム」やフリードマンの「負の所得税」あたりが本格的に議論されなければ日本人は幸福になれないと思う。

0 件のコメント: