2009年5月1日金曜日

Google 新サービス


BIG Pictureを見ていたら、Google が新しいサービスを始めたそうだ。

地震だけがシリコンバレーを揺るがすのでは無い。 2000年のドットコムバブル崩壊後のサンタ・クララ郡の失業率は9.1%に上昇した。またここ数ヶ月で再び急上昇して追い抜いた。と使用例が示されている。 成程分かり易い。
人口もカリフォルニア州の伸びがよく見える。


今のところ、人口と失業率のみのサービスだが、Googleの事だから対象の経済指標等を拡げて行くのだろう。 今まではセントルイス連銀等が使い易かったが、これからはGoogleが非常に楽しみだ。 日本にもいつかは拡がるのだろうか? Googleでは今回 the U.S. Bureau of Labor Statistics and the U.S. Census Bureau's Population Division.のHard workに拠る所が大としている。むしろ日銀あたりから始めた方が良いかもしれない。

以下説明ビデオ

0 件のコメント: