2009年6月12日金曜日

週足090611-2


日経   5月2日のエントリー
-----------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------
11,000迄は道半ば、しかしよくここまで来たと言う感じもある。
GDPで1Qに先進国で一番突っ込んでいるので、その反動と中国回復の恩恵で持ち上げられた。
PBでは割安感後退、PEではここから上は説明困難な領域に入る。
原油を中心とする資源価格の戻しが急であり、反動が入る事等を考慮すると、ロングは手仕舞い。10,500近辺から売りに入るほうが良いと思う。中国米国両方から悪材料の影響を受け易い立場。




円ドル 5月2日のエントリー
-----------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------
円ドルは中途半端に横ばいで推移した。
為替の解説は春山さんの説明が判り易い。

米ドルは巨額な財政赤字、ロシアの基軸通貨へのプレッシャー、ファィナンスが上手く行くか。が基本ではあるが、景気回復→資源価格上昇→資源通貨上昇。高金利通貨に安定感が戻れば再び円は売られる。  リスクは世界景気回復のアテあずれ。  抵抗線近辺の動きが注意だし、上にしろ下にしろ日経平均のブレを大きくしてしまう。


0 件のコメント: