2009年7月9日木曜日

GM CDS


僕はデリバティブスは長いが少し古臭くさくなっているし、CDSは専門では無い。

でも池田ブログで森永氏の話が出てきて森永氏がトンデモな勘違いをしているので、整理の意味でのこしておく。GooのIDが無いのと怒られたら怖いから直接コメントしない。

BloombergのIDが無くてもBloombergのUSのページに入って日本語で検索が可能な事は意外と知られていない。
簡単に検索出来るので森永氏のような間違いも減るだろう。  一応怠慢が原因だとは考えていない。

GMのChapter11申請時の負債は1728億ドル、そのうち275億ドルが無担保負債(社債)でCDS決済の対象は31億ドルしかない。
”しかない”は不適切でないと思うし、実際早くから倒産価格が付けられており、AIGがすべて支払うかどうかは別としても(金額の詳細を私は知らない)、CDS契約の担保の値洗いは行なっているはずでショックでどうこうなる話では無い。

また決済の発生する債務不履行事由はChapter11だけでは無い。

こんな根拠で陰謀まがいの疑いをかけられるオバマ政権は気の毒だし、居酒屋の物識りオヤジレベルの議論になりかねない。新しい時代に「生き残る」にはどうすれば良いか考えた方が良いかもしれない。

因みに僕は近所の居酒屋バーでは物識りオヤジと呼ばれている。


GMの社債価値、額面1ドル当たり12.5セント-CDS清算で決定

  6月12日(ブルームバーグ):クレジット・デフォルト・スワップ (CDS)のディーラーらが12日、米連邦破産法を申請した自動車大 手ゼネラル・モーターズ(GM)の社債を保証するCDS清算のため のオークションを実施した。GMの社債の価値はその結果、額面1ド ル当たり12.5セントと決まった。
  オークションにはドイツ銀行やモルガン・スタンレーなどディー ラー13社が参加した。マークイット・グループとクレディテックス・ グループのデータによれば、CDSの売り手は保証の買い手に対して、 原資産の額面価格から現在の価値を差し引いた1ドル当たり87.5セ ントを支払う。
  優先有担保ローンの価値は、GMのレイ・ヤング最高財務責任者 (CFO)が先週、債権者は額面での支払いを受けると述べたのを受 けて、1ドル当たり97.5セントと決定された。

米GMのCDS:決済に向け競売を前倒し、受け取り確保狙い-関係者

6月8日(ブルームバーグ):クレジット・デフォルト・スワップ (CDS)のトレーダーらが、破たんした米自動車メーカー、ゼネラ ル・モーターズ(GM)の社債を保証するCDSの決済に向けた競売 を前倒ししたことが分かった。事情に詳しい複数の関係者が明らかに した。米政府主導での経営再建でGMの社債が株式と交換される前に 受け取りを確保するためという。
ディーラーや投資家で構成する委員会は、今月12日に競売を実施 する。GMが1日に連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を 申請したことを受け、オバマ大統領は「迅速」な再建を目指すと表明 している。
議論が非公開だとして匿名を条件に語った4人の関係者によれば、 債券保有者がGMの債務を新生GMの株式と交換する計画の影響で、 トレーダーはCDS競売の時期を前倒ししたという。競売は通常、デ フォルト(債務不履行)事由発生の約1カ月後に実施される。CDS は社債デフォルトに備えた保証コストを示す。

CDS市場:米GM破たん後の決済額、リーマン以来で最大規模に

5月29日(ブルームバーグ):米自動車大手ゼネラル・モーター ズ(GM)債を保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CD S)の売り手と買い手は、米証券会社リーマン・ブラザーズ・ホール ディングスの破たん以来で最大規模の決済に備えている。
  事情に詳しい複数の関係者によれば、GMは6月1日に破産法適 用を申請する計画。その場合、約31億ドル(約3000億円)相当のG M債について、CDS決済の必要が生じる。リーマンのケースとは異 なり、市場はすでに何カ月も前からGM破たんの高い確率を織り込ん できた。
  ウニクレディトのクレジットストラテジスト、フィリップ・ギス ダキス氏は、準備をしていない投資家はあまりいないだろうとして、 「まだ手当てをしていないなら、損失は自業自得だ」と話している。
  CDSの市場参加者らは米政権がGMに最後通牒(つうちょう) を突き付けた3月30日以来、GMのデフォルト(債務不履行)につい てほぼ100%の確率を織り込んできた。
  CMAデータビジョンによると、GM債1000万ドルを5年間保証 するコストは880万ドルの前払いに加えて年50万ドル。
  保険会社やヘッジファンドなどCDSの売り手は、デフォルトの 際に額面から債券の価格を差し引いた額をCDSの買い手に支払う。 この価格は通常、デフォルト後1カ月以内に競売で決定される。
  米金融取引業規制機構(FINRA)の債券価格報告サービス、 トレースによると、GM債(表面利率8.375%、2033年7月償還)の 価格はニューヨーク時間午前9時26分現在、額面1ドルに対し9.75 セント。
  ここから概算すれば、GMの2033年償還債1000万ドルを保証す るCDSの売り手が支払う額はほぼ900万ドルになる。


2 件のコメント:

Trinity @ NYC さんのコメント...

Porcoさん、こんにちわ。CDSはたしかに理解しづらいインストルメントではありますが、これはひどいですね。池田氏が「ワイドショーって、毎日こんないい加減な話を流しているのだろうか。」と疑問を投げかけておられますが、それについては、ワイドショーをよく見ていた、このわたしが、自信を持ってお答えできます。「YES!」(笑)(特にTV朝日系に登場する”自称”経済評論家の方々、全般にひどすぎる・・・)

ところで、Porcoさんが前々回の記事で紹介なさっていた米国の地方政府に関するエコノミストの記事の翻訳、わたしのブログにリンクさせてもらいました。事後報告で申し訳ありません。

Porco さんのコメント...

MHJさんコメント有難う御座います。
JBpressって便利ですよね。
国内記事でCDS GMを調べると、森永さん的なCDS=この世の終わり的なブログが目立ちますから森永さんもそれらを元にあんな話を作り上げたのでは? と思っています。 TVとかで売れてきたので、経済オタクではなくなっちゃったんでしょうね。