2009年9月16日水曜日

亀井静香代表 郵政・金融相に


新鳩山内閣の郵政・金融担当相に国民新党代表の亀井静香氏が内定した。

以前より鳩山新首相は選挙協力のあった、社民党、国民新党に対して参議院対策、時期参議院選挙対策もあり、党首の入閣を要請してきた。
亀井氏は当初、防衛大臣に内定との話であったが変更され、元々郵政民営化凍結を強く主張する亀井氏の要望も通す形で郵政・金融相と内定したようである。


私は『自由にやってください。任せます』と言って以来、鳩山さんとは一度も話してない。何なのかね、米国が震え上がったのかね」。亀井氏は15日夕、郵政・金融担当相内定を受けて党本部で開いた会見で、報道陣をけむに巻いた。

防衛問題で米国を震え上がらせる自意識を持った人間を防衛相に任命すると言う事は一旦危急の際に決断を迫られる防衛相と言うポストには危険すぎるアサイメントである事は確かなので、取り消しになった事は良かった思うが、問題は替わりのポストとして郵政・金融相が用意された事だ。

この件に関してはニュース発表時点からTwitter上でも異論が多く、参加者は中々信じられなかった程だ。

-------------------
国民新党のHPを見ると2009年の政権政策がダウンロードできるようになっている。

この中に郵貯問題は見直すとして、民営化の凍結、郵政三事業一体運営、全国郵便局長会の既得権益確保とも絡んで地域の生活センター化が謳われている。

これも問題があると僕は考えるが、元々民主党の公約にも郵政見直しが入っていた事を思えば税金みたいなものかとは考えていた訳だ。


-------------------
驚きを持って受け入れなければならなかったのは金融相の部分だろう。

国民新党HP内の経済政策、国民新党200兆円経済対策ポイントを見ると(題名だけでもおどろおどろしいが)
金融政策の部分では、以下のように書いてある。


日本経済の足を引っ張る足かせを取る
――他党にはない発想

財政収支均衡政策、BIS規制、時価会計制度など、日本経済は、不況を慢性化する構造的問題を抱えています。実はこの10年、日本はこの足かせに苦しめられてきました。経済対策を打つ今、この足かせを取らなければ効果は期待できません。だから、まずこの病巣を取り除く。当然の処置ですが、他党にはない発想です。

他党には無いどころかG20内でこんな発想をする国家は無いだろう。  これは事実上の鎖国だ。

-------------------
突っ込みばかり入れても仕方無いので今後発生しうる問題を思いつくまま考えておこう。

・ 西川社長の退任を促しているが、代わりの人選は困難を極めるだろう。  多分現副社長の元郵政官僚 團 宏明が考えられるが、民主、国民新、社民3党の掲げる「天下りの根絶」とは整合性が取れないだろう。

・ 来週からピッツバーグでG20 金融相サミットが金融規制問題をテーマに開催されるが、ここでの発言(もし行けばだが)は相当注目と驚きを世界に与えるだろう。

・ 地方活性化に地域金融機関の強化を謳っている事、中小企業への融資拡大テーマにしているので、状態の悪い地銀の株価にポジティブ、国際業務をする銀行にはネガティブ。  日本株式の全体相場にはマイナスだが、部分的にジャブジャブの中小企業に余分な資金が廻るので、小型仕手株は出来高が集中し、盛り上がりを見せるだろう。

日本の個人金融資産は本来インドやベトナムなど発展途上国への投資として投下され、将来の日本に配当をもたらすべく運用されなければならない資金だ。 日本国債が国内でファイナンスされるから良しとする考え方は、年金と同じで将来の糧を食いつぶしていると言う認識は必要だと、国民新党をみててつくずく思った次第。

金融ファッショさえ連想させるこの人事、これがクーデンホフ・カレルギーの提唱する「友愛」だとしたら少し悲しい。


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

お先真っ暗…という印象を持ちました。
日本経済はもうどうでもいいので、証券税制がどうなるかだけが気になります。

経済音痴のつくる税制には、なにか欠陥(抜け道)があると期待します。

Porco さんのコメント...

亀井さんは昔から株をやる人なので、証券税制には甘いと思いますよ。