2009年12月15日火曜日

竹中平蔵さんへの評価?


未だに成長戦略が見えない民主党が経済成長戦略を策定するため、菅直人副総理兼国家戦略担当相の下に設置した検討チームの初会合に竹中平蔵さんを意見聴取として呼ぶようです。

市場関係者の間では竹中さんへの評価は悪くないじゃないかと思います。なにより金融機関の不良債権問題を解決しましたし、円安効果と言う声もありましたが、その後成長も相場もありましたし、雇用情勢も改善しました。 自殺率や非正規雇用者問題などもそれ以前からの構造問題との認識で規制緩和を基本とする竹中さんのやり方は続けられるべきであったと思います。 どちらかと言えば自民党守旧派の手によって排除されたような印象すらもっております。

そうは言っても意見は人様々でしょうから、一体皆さんはどう考えてらっしゃるのか?知りたいと思いますので簡単なアンケートに協力して頂ければと思います。

投票すれば結果は見れます。
投票終了しました。
結果は以下の通りです。

考えさせられますね。

竹中平蔵の経済政策は成功したと思うか?




 政府は15日午後、鳩山政権の経済成長戦略を策定するため、菅直人副総理兼国家戦略担当相の下に設置した検討チームの初会合を開いた。16~18日に有識者や各省庁から意見を聴き、24~25日に成長戦略の骨格をまとめる方向で作業を急ぐ。16日午前の意見聴取には竹中平蔵元経済財政担当相を招き、報道陣に公開して行う予定だ。
 民主党は、竹中氏が小泉純一郎元首相と進めた経済政策を批判しており、経財相を兼ねる菅副総理ら新政権との間で論戦もありそうだ。
 成長戦略は、2020年までを対象とし、民主党の政権担当期間を念頭に向こう4年間の具体的な行動計画も示す。新政権発足後に経済産業省や国土交通省、総務省などが省内で進めていた検討の成果を土台に、政治主導で政府全体としての戦略をまとめるという。
 「民主党には成長戦略がない」との批判も踏まえ、骨格は年内に打ち出すが、最終的な取りまとめは来年5~6月となる見通しだ。(2009/12/15-20:04)

P.S.アンケート機能を試したい気持ちもあります。

0 件のコメント: