2010年2月22日月曜日

公定歩合


「公定歩合」の整理

18日(木)米国引け後の連銀による公定歩合を0.5%から0.75%に引き上げると言うニュースで、米国株式市場も夜のアフターマーケットで売られ、その影響を受けた19日(金)の日経平均は大幅安となりました。 ところがその夜のNY市場は堅調に推移、日本は梯子を外された状態で本日、月曜日は朝から大きくギャップ・オープンし大幅高となっています。

マスコミの記事の書き方もあるかと思いますが、「公定歩合上昇」と言うセンセーショナルなイメージが一人歩きしてしまい過剰反応を起こしたと見るべきなのでしょうか?

「公定歩合」をちょっと整理しておきます。

我々が教科書で習った中央銀行による金融政策手段は公定歩合、公開市場オペ、預金準備率の3つで特に公定歩合による貸出つまり、日銀貸出が中心的な手段でした。 以前公定歩合は市場金利よりも低い金利で設定され日本銀行による貸出は割安で実質的な補助金の効果を持っており確かに公定歩合利率の変更が大きなインパクトを持っていた時期もありました。  

しかし近年は公定歩合は市場金利を上回る水準に設定されるようになっており、日銀貸出は、民間銀行から見てコスト的に不利なものになっている。換言すると、現在の公定歩合による日銀貸出は、市場の混乱等で資金の利用可能性に制約が発生した場合の「補完的貸付制度」と言う位置づけのものになっている。 

現代の金融入門 」池尾和人著より引用、先生はTwitterで「僕の本を読めばこんな間違いはしないのに」とぼやきながらも宣伝されておりました。新書ですから読んで今までの知識を整理し直す事をお奨めします。

さて米国ではどうでしょうか?

実は私のいつも使用しているセントルイス連銀のデータベースではDiscout Rate (公定歩合)と言う項目は2003年12月までしかありません。 それを引き継いでいるDiscount WindowのファシリティーはPrimary Credit Rateになります。もちろんSecondaryもありますが一般に公定歩合と言った場合プライマリー・クレジット・レートを指すようです。

下のグラフは公定歩合(2003年末終了)、プライマリーレート(未だ0.25%上昇が反映していない)、FFレートの3つのグラフです。
2003年まではFFレート>公定歩合、それ以降は入れ替わり Primary Rate>FFレートになっています。


Federal Reserve Bank fo St. Louisより

日本と同様に公定歩合(Primary rate)は市場混乱時の補完的貸付制度の意味合いに変化していますから。「公定歩合上昇」と言うかつてのインパクトを伴なうニュースでは無くなってきていると解釈するのが妥当なようです。 つまり市場正常化へのステップ。 もちろん「出口戦略」へのファースト・ステップである事は間違いありません。

The Federal Reserve Board
The Discout Rate (以下部分訳)

The discount rate is the interest rate charged to commercial banks and other depository institutions on loans they receive from their regional Federal Reserve Bank's lending facility--the discount window. The Federal Reserve Banks offer three discount window programs to depository institutions: primary credit, secondary credit, and seasonal credit, each with its own interest rate.

公定歩合は商業銀行やその他の貯蓄機関が地域連銀の貸出ファシリティー(ディスカウント ウインドウ)から借り入れる際の金利である。 連銀は貯蓄機関に対して3つの公定歩合プログラムを用意してある、すなわちプライマリー、セカンダリー、シーズナリーでそれぞれに利率が設定されている。

The discount rate charged for primary credit (the primary credit rate) is set above the usual level of short-term market interest rates. (Because primary credit is the Federal Reserve's main discount window program, the Federal Reserve at times uses the term "discount rate" to mean the primary credit rate.)

プライマリー・クレジットに付利される公定歩合は通常の短期金利よりも高く設定されている。(プライマリー・クレジットは連銀による主要なプログラムであるから、連銀が「公定歩合」と言う用語を使用する場合にはプライマリー・クレジット・レートを意味する。)

以上



0 件のコメント: