2010年3月8日月曜日

Japan’s Slow-Motion Crisis ケネス・ロゴフ


3月5日にマンキューブログが紹介した、ロゴフのProject Syndicateに掲載されていた記事を意訳しておきました。

気軽に始めたのですが私には結構難しかった、この人は読むのは難しく無いのだけれど、日本語化は簡単では無いように思います。 間違いは指摘していただけると勉強になります。

Japan’s Slow-Motion Crisis
Kenneth Rogoff  2010-03-02


TOKYO – If you listen to American, European, or even Chinese leaders, Japan is the economic future no one wants. In selling massive stimulus packages and bank bailouts, Western leaders told their people, “We must do this or we will end up like Japan, mired in recession and deflation for a decade or more.”

もし米国、欧州や中国の指導者達に聴くならば、日本こそが誰も望まない将来の経済的な姿だろう。大型の景気刺激策や銀行救済を納得させる過程で欧米の指導者は国民にこう言う、「我々はこれをしなければならない、さもなくば、リセッションと10年以上もデフレーションから抜け出せない日本みたいになってしまうぞ。」

Chinese leaders love pointing to Japan as the prime reason not to allow any significant appreciation of their conspicuously undervalued currency. “Western leaders forced Japan to let its currency rise in the second half of the 1980’s, and look at the disaster that followed.”

中国の指導者は彼らの極端に過小評価された通貨に対するいかなる上昇をも許容しない理由の一番として日本を指摘する事を好む。「1980年代後半に欧米諸国は日本に対して通貨の切り上げをさせた、その後のひどい有様を見てみろ。」

Yes, nobody wants to be Japan, the fallen angel that went from one of the fastest growing economies in the world for more than three decades to one that has slowed to a crawl for the past 18 years. No one wants to live with the trauma of the deflation (falling prices) that Japan has repeatedly experienced. No one wants to navigate the precarious government-debt dynamic that Japan faces, with debt levels far above 100% of GDP (even if one factors in the Japanese government’s vast holdings of foreign-exchange reserves.) No one wants to go from being a world-beater to a poster child for economic stagnation.

そう、誰も日本にはなりたくは無いのだ、堕天使は30年以上に渡って世界で最も急成長していた経済からここ18年間の這いずり回るような速度に落ちてしまった。 誰も日本が繰り返し経験したデフレーション(価格下落)のトラウマと一緒に暮らしたいとは思わない。誰も日本が直面する対GDP負債比率が100%を越える不安定な財政赤字の動きをやり繰りしたいとは思わない。(例え日本政府が巨額の外貨準備高を持つことを考慮してもだ。) そして誰も世界の第一人者から、停滞のイメージ・キャラクターに成り下がりたいとは思わないのだ。


And yet, visitors to Tokyo today see prosperity everywhere. The shops and office buildings are bustling with activity. Restaurants are packed with people, dressed in better clothing that one typically sees in New York or Paris. After all, even after nearly two decades of “recession,” per-capita income in Japan is more than $40,000 (at market exchange rates). Japan is still the third-largest economy in the world after the United States and China. Its unemployment rate remained low during most of its “lost decade,” and, although it has shot up more recently, it is still only 5%.

それでも、最近東京を訪れた人はここかしこに繁栄を見るだろう。店舗やオフィスは活気に満ちている。レストランはニューヨークやパリで一般に見かけるよりも良いものを着てる人達で埋まっている。 結局のところ、20年に及ぶ「リセッション」の後でも一人当たりの収入は4万ドルを越えているのだ。(今の為替で) 日本は米国、中国に次ぐ3番目の経済大国である。失業率は「失われた10年」のほとんどの期間で低く推移したし、最近急上昇したがそれでも未だ5%でしか無い。

So what gives? First, things look a lot grimmer when one gets two hours outside of Tokyo to places like Hokkaido. These poorer outlying regions are hugely dependent on public-works projects for employment. As the government’s fiscal position has steadily weakened, the jobs have become far scarcer. True, there are beautifully paved roads all around, but they go nowhere. Old people have retreated to villages, many growing their own food, their children having long abandoned them for the cities.

一体どうなってるんだ? 第一に東京から2時間程で行ける北海道のような所に行けば物事はもっと暗い。こうした中心部から離れた地域では雇用を公共事業に大きく依存している。 政府の財政状態が徐々に弱るにつれて、仕事はますます乏しくなっていく。そう、綺麗に舗装された道路がそこかしこに在るのだが無駄になっている。老人達は村に引篭もり、食べ物は自給している、子供達は都会にいて長い間彼らを見捨てている。

Even in Tokyo, the air of normalcy is misleading. Two decades ago, Japanese workers could expect to receive massive year-end bonuses, typically amounting to one-third of their salary or more. Now these have gradually shrunk to nothing. True, thanks to falling prices, the purchasing power of workers’ remaining income has held up, but it is still down by more than 10%. There is far more job insecurity than ever before as firms increasingly offer temporary jobs in place of once-treasured “lifetime employment.”

東京でさえ本当の状況は誤解されやすい。 20年前、日本の労働者は年間給与の3分の1もしくはそれ以上の巨額な年末ボーナスを期待できた。 今では段々ゼロに近づいている。 実際には物価の下落のおかげで可処分所得の購買力は維持されているが、それでも未だ10%以上は減っているのだ。 一時は宝物とされた「生涯雇用」に代わって企業が非正規雇用者を増やしている為に以前よりもずっと多くの雇用が不安定になっている。

Although hardly in crisis (yet), Japan’s fiscal situation grows more alarming by the day. Until now, the government has been able to finance its vast debts locally, despite paying paltry interest rates even on longer-term borrowings. Remarkably, Japanese savers soak up some 95% of their government’s debt. Perhaps burned by the way stock prices and real estate collapsed when the 1980’s bubble burst, savers would rather go for what they view as safe bonds, especially as gently falling prices make the returns go farther than would be the case in a more normal inflation environment.

まだ危機とまでは言えないが、日本の財政状況は日々危険の度合いを深めている。長期債務においてさえ微々たる利子率にも関わらず、政府は今までのところ巨額の負債を自国で賄えている。 特筆すべき事に日本の一般の投資家は政府債務の95%を引き受けている。 多分1980年代バブルの破裂時に株式や不動産でひどい目に合わされ、投資家は彼らの考えるところの安全な、特に穏やかに下落する物価がより通常のインフレ環境の場合よりもリターンを押し上げるであろう債券に向かわせているのだろう。


Unfortunately, as well as Japan has held up until now, it still faces profound challenges. First and foremost, there is its ever-falling labor supply, owing to extraordinarily low birth rates and deep-seated resistance to foreign immigration. The country also needs to find ways to enhance the productivity of those workers it does have.

日本はこれまで何とか持ち堪えて来たが、不幸な事にまだ深刻な挑戦に直面もしている。 何よりも先ず、極端に低い出生率と深く根ざす海外からの移民への抵抗により低下を続ける労働供給力。また日本は既存の労働力の生産性をテコ入れする方法を模索しなければならない。

Inefficiency in agriculture, retail, and government are legendary. Even at Japan’s world-beating export firms, reluctance to confront the ingrained interests of the old-boy network has made it difficult to prune less profitable product lines – and the workers who make them.

農業、小売に政府部門の非効率性は伝説的だ。 日本の世界を席巻する輸出企業でさえ深く根差した老人ネットワークの利権に対峙したがらない事が利益率の低い製造ラインとそれを製造する労働者の削減を困難にしている。

As the population ages and shrinks, more people will retire and start selling those government bonds that they are now lapping up. At some point, Japan will face its own Greek tragedy as the market charges sharply higher interest rates.

人口が高齢化し減少するにつれ、多くの人達が引退し、現在保有している国債を売り始める。 いつかの時点で、日本は市場が極端に高い利子率を要求すると言うギリシャ悲劇にまみえる事になるだろう。


The government will be forced to consider raising revenues sharply. The best guess is that Japan will raise its value-added tax, now only 5%, far below European levels. But is it plausible to raise taxes in the face of such sustained low growth?

政府は急速に歳入を増加させねばならない。 最も考えられるのは、消費税の増税だろう、現在5%で欧州各国より遥かに低い水準だ。
しかしながら、低迷する経済成長下での増税に説得力はあるのだろうか?

Investors who have bet against Japan in the past have been badly burned, grossly underestimating the Japanese people’s remarkable flexibility and resilience. But the fiscal road ahead looks increasingly perilous, with political consensus fraying badly in recent years.

過去日本に刃向かった投資家はひどくやけどを負った。 日本人の特筆すべき柔軟性と回復力に対しておおきく過小評価していたからだ。
しかしこの先の財政問題は、近年の政治的なコンセンサスの悪化するほつれと相まって、危険が増しているように思はれる。

In the end, are foreign leaders right to scare their people with tales of Japan? Certainly, the hyperbole is overblown; the Chinese, especially, should be so lucky. But nor should apologists for deficits point to Japan as reason to be calm about outsized stimulus packages. Japan’s ability to trudge on in the face of huge adversity is admirable, but the risks of crisis ahead are surely greater than bond markets seem to recognize.

最後に、日本以外の指導者達に日本の物語をもってその国民達を怖がらせる資格があるのだろうか? 確かに誇張は度が過ぎる、特に中国は単にとても運が良いだけなんだろう。また、財政赤字の弁明者は巨額の財政支出問題を静める理由で日本を引き合いに出すべきでは無い。 日本の酷い逆境に直面した時の持久力は賞賛に値する一方で、目前にある危機のリスクは債券市場が認識しているよりも間違い無く大きい。

以上



それから これに関連して、



himaginaryの日記



ロゴフとラインハートと共著の”This Time Is Different: Eight Centuries of Financial Folly"は最近の各国財政赤字問題では欠かせない書籍でしょう。










未だ読み終えていませんが。。。

0 件のコメント: