2010年4月3日土曜日

The IMF Does Europe ケネス・ロゴフ


ケネス・ロゴフがProject Syndicateに記事を書いてました。
著書 This Time Is Different以降、一時のルービニ先生みたいに弱気派に受けている訳ですが、PIMCOのコメントに再三登場するように、ストラテジーを担当する人達には深く共有されるべき知識となっております。 こうした本は市場参加者の頭の中にパイプラインを徐々に延長していき、一旦何か起こった時には、各人の中で同じような急激な流れを作る可能性があります。 以前情報カスケードで紹介しておきましたが。そうした時には市場は一方向に動きます。

ともかく一応意訳しておきましたのでご参考に。誤訳の責任は持てませんのであしからず。

Kenneth Rogoff

2010-04-02

CAMBRIDGE – With the International Monetary Fund playing a central role in the eurozone’s blueprint for a bailout of Greece, the multilateral lender has come full circle. In its early days after World War II, the IMF’s central task was to help Europe emerge from the ravages of the war. Once upon a time, the Fund had scores of programs across the Continent (as Rong Qian, Carmen Reinhart, and I illustrate in new research on “graduation” from sovereign debt crises.) But, until the financial crisis, most Europeans assumed they were now far too wealthy to ever face the humiliation of asking the IMF for financial assistance.

IMFがユーロ圏におけるギリシャ救済の青写真を描く中心的役割を担う事になり、この多国籍融資機関の活動領域は広範なものとなった。 第2時世界大戦後の早い時期、IMFの中心的役割は戦争で破壊された欧州の復興を手助けする事であった。 その昔IMFは大陸を縦断するプログラムの総譜(指揮者用の楽譜)を握っていたのだ。( Rong Qian, Carmen Reinhart and Rogoffによる新しい研究「国家債務危機からの卒業」参照)。 しかし金融危機以前、殆の欧州の人達はIMFに財政的援助を請う屈辱にまみれるには自分達は既に充分に金持ちであると考えていた。

Welcome to the new era. Europe has become ground zero for the biggest expansion of IMF lending and influence in years. Several large Eastern European countries, including Hungary, Romania, and Ukraine, already have substantial IMF loan programs. Now, the eurozone countries have agreed that the Fund can come into Greece and, presumably, Portugal, Spain, Italy, and Ireland, if needed.

新しい時代にようこそ。 欧州は数年に渡るIMF融資とその影響力の最大限の拡大に関して言えば元の木阿弥の状況になってしまった。いくつかの東欧の国々、ハンガリー、ルーマニア、ウクライナは既に多額のIMFローンプログラム下にある。 そして今回、ユーロ圏の国々はギリシャ、これはつまり必要とあればポルトガル、スペイン、イタリアとアイルランドもファンドのお世話になる事に同意してしまったのだ。

The IMF’s resurgence over the past year is breathtaking. Castrated by populist rhetoric during the Asian debt crisis of the late 1990’s, the Fund had been struggling to re-anchor its policies and rebuild its image. When France’s Dominique Strauss-Kahn took over the helm in the fall of 2007, even poor African countries were shunning the IMF like a leper, preferring to make deals with non-traditional lenders such as China. Absent new business and new revenues, the Fund was facing dire cutbacks to ensure its own survival.

ここ数年のIMFの復活は目をみはる物があった。 フランスのドミニク・ストラウス-カーンが2007年の秋に支配権を握った時、貧しいアフリカ諸国でさえまるでのけ者(レプラと言う単語を使用している。)のようにIMFを忌避し、中国のような非伝統的な貸し手との取引を好んだ。 新規のビジネスも収入も無く、IMFは自身の生き残りを掛けての大胆なリストラに直面していた。

What a difference a crisis makes. Now the IMF has ascended Mount Olympus. In April 2009, G20 leaders approved a quadrupling of the Fund’s lending capacity. The increase was perhaps exaggerated in the heat of the moment, but a good chunk of the money actually appears to have materialized. And for Europe, the help has come none too soon.

金融危機は何をどうもたらしたのか? いまやIMFはオリンポスの山を登りつめてしまった。 2009年春、G20のリーダー達はファンドの貸出枠を4倍に拡大する事を承認した。 その時には拡大は大袈裟だと思われたが、現実には相当な量の資金が使用される事になった。欧州向けの救済資金はあまりにも早く無くなってしまったのだ。

Does the IMF’s arrival in Europe signal the beginning of the end of the region’s staggering debt woes? Hardly. The Fund does not bestow gifts; it only offers bridge loans to give bankrupt countries time to solve their budget problems. Although countries occasionally can grow their way out of debt problems, as China did with its 1990’s banking crisis, bankrupt countries usually face painful budget arithmetic. Short of default and inflation, most countries are forced to accept big tax hikes and spending cuts, often triggering or deepening a recession.

IMFの欧州登場は地域の揺れ動く財政赤字問題の終わりの始まりを意味するのだろうか? 多分そうでは無い。 IMFは贈り物を贈呈する訳では無い。財政問題を解決する為に時宣に応じて破綻国家にブリッジ・ローンを供給するだけなのだ。 1990年代の中国の銀行問題の時のように稀に自力で赤字問題の頚きを脱して成長する国もあるが、破綻国家は通常痛みを伴なう財政問題に直面する事になる。 債務不履行やインフレに陥る前に、殆の国はリセッションのきっかけや深化の原因となる大幅な増税や歳出削減を受け入れさせられる。

To be fair, the Fund’s reputation for imposing austerity is mostly an illusion. Countries usually call in the IMF only when they have been jilted by international capital markets, and are faced with desperate tightening measures no matter where they turn. Countries turn to the Fund for help because it is typically a far softer touch than private markets.

公平に見て、緊縮財政を強要すると言うIMFの悪評判は勘違いだ。 国家がIMFに助けを求める時は国際的な資本市場から冷たくされ、どうしようも無く絶望的な引き締め局面にある時に限られる。 国家がIMFに助けを求めるに至るのは、大体の場合においてそれが市場よりもよほど優しいからなのだ。

But gentleness is relative. It will be very tough – not only for Greece, but for all the other overextended countries of Europe – to tighten fiscal policy in the midst of recession without risking a deepening spiral. Simply put, no one wants to be the next major IMF supplicant.

しかしその優しさは時と場合による。 ギリシャだけで無く、欧州の財政的に拡張し過ぎた国家、つまりリセッションの最中にスパイラルの深みに入る事無く、財政政策を緊縮しなければならない国家にとって、IMFは非常に厳しい態度を取るだろう。


Nor does the IMF’s arrival mean that bond holders are off the hook. As Qian, Reinhart, and I document, there have been numerous instances in which countries enter IMF programs but end up defaulting anyway. The most famous case is Argentina in 2002, but other recent examples include Indonesia, Uruguay, and the Dominican Republic.

IMFの登場によって債券保有者は危機を脱する訳では無い。私たち(Qian, Reinhart)が調べたところIMFプログラム下にあっても結局破綻した国家の事例は数多くあった。 有名なところでは2002年のアルゼンチン、それ以外にも最近の例としてインドネシア、ウルグアイ、ドミニカ共和国など。

The endgame could be the same for many European countries. Ukraine is already struggling. But, for the most part, the sovereign default process is slow-motion Kabuki theater. Why should a country choose to default as long as there are rich benefactors willing to lend money to preserve an illusion of normalcy? Bond markets are easily lulled.

多分終盤戦は多くの欧州国家も同じだろう。 ウクライナは既にもがいている。 しかし多くの場面において破綻の過程はスローモーションな歌舞伎の世界だ。
通常と言う幻覚を継続するための資金を出してくれるお金持ちの後援者がいるにもかかわらず国家がデフォルトを選んだりはしない。 債券市場は簡単に一時的な小康状態になる。 

The stakes for the IMF in Europe are huge. It is not going to be an easy balancing act. If the Fund attaches tough “German-style” conditions to its loans, it risks provoking immediate confrontation and default. This is the last thing that it wants to do. So far, it has been pretty soft in Eastern Europe, endorsing programs that depend on optimistic projections of both future budget cuts and economic growth.

IMFの欧州への融資は巨額である。簡単な綱渡りではない。 もしIMFが”ドイツ式”の厳しい条件をローンに付加するならば即刻対立と破綻を惹起させる危険がある。 そしてそれは一番望まれ無い事でもある。 今のところ将来の楽観的な歳出削減と経済成長予想双方に基づき承認されたプログラムによって東欧にはかなり柔和な態度で接している。

The problem with being “Mr. Nice Guy” for too long is that, even with its vast new resources, the IMF cannot let clients hang on forever. If it does, it might not have sufficient funds for the next crisis, which will inevitably come, possibly from an unexpected quarter such as Japan or China.

長く”ナイスガイ”であり続ける為の問題点は、直近の巨額な投入資源を持ってしても、IMFはその顧客を永遠には顧客として扱え無い事だ。 もしナイスガイであり続けたら、次の必然的な、そして日本や中国など多分予想外な方面からやってくる危機に充分な資金を確保できないだろう。

Moreover, if the Fund loses all credibility for catalyzing budget reform, its magnanimous bailouts will only serve to exacerbate the larger global sovereign-debt crisis that is brewing not just in Europe, but in the United States, Japan, and elsewhere. Slow growth, aging populations, and soaring deficits are a dangerous mix.

さらに、もしIMFが財政改革を促す信頼性を損ねたら、その寛大な救済処置はさらに大きなグローバル規模の、欧州だけで無く、米国や日本やその他の地域でも醸成されつつある国債危機をさらに悪化させる事になるだろう。

The question for the IMF in Europe is not whether it has a plan viable for getting in. It has landed in force. The question is whether it has a plausible exit strategy.

欧州におけるIMFへの課題は始動可能な計画を持っているかと言う事では無い。これは強制着陸なのだ。 課題はもっともらしい出口戦略を持っているかと言う事なのだ。



0 件のコメント: