2010年6月9日水曜日

日露リスク・プレミアム・スプレッド


前回は各国別のリスク・プレミアムを観察しましたが、
今回は日露戦争の推移と日本・ロシア間の金利スプレッドの関係を見てみましょう。
当時の日本公債のリスク・プレミアムの推定はヘブライ大学のYishay Yafeh教授がレポートを出していますが、日本とロシアの金利差を比較するのは世界初では無いでしょうか。

データはThe Timesから月次データを取得し、利回りは指標となるコンソル公債と同じ計算方法であるクーポン÷価格で単純に計算しました。

Yield関数で計算すれば正確な利回りは簡単に計算できますが、当時の市場参加者の心理も含めて簡便法が良いとの私の判断です。1899年4%ポンド建日本公債は55年債で償還は1953年、なんと昭和28年末に設定されていましたので、簡便法でも差は大きくなりません。

グラフはクリックすると大きくなります。

1903年11月から日満交換条件を前提に交渉に入ります。これは日本はロシアに満州をあげるから、韓国は日本のものと認めて欲しいと言う、当時の中国や韓国の主権を全く無視したロシアに対する要求です。  ロシアはこれに対して本気で相手にしてくれません。年末に向かい緊張を高めて、2月6日に国交断絶、10日に宣戦布告します。

こうした中、日本公債は年末から3月に向けて売られていきます。(利回りが上昇して行きます。)兜町が2月4日がボトムでしたから1ヶ月ほどロンドン市場はラグがある事になります。

利回りが3月でピークを打ったのは、
1。帝国海軍がロンドン市場が想定していたより強く、旅順口にロシア太平洋艦隊を封鎖してしまった。
2。そのため黄海の制海権を日本が取り、陸軍の朝鮮半島における上陸地点を北上させる事ができた。
3。その結果黒木軍は2月中旬にソウルを確保、3月19日には平壌に入り、四月には鴨緑江河畔に布陣する事ができた。

当初の陸軍の目標は韓国領内からロシア軍を駆逐する事でしたからあっけなく目標到達できたように見えたのです。

五月1日に終了した鴨緑江の会戦はロシア軍としては本気で死守する気は無く遼陽まで撤退しながら戦う作戦でしたが、欧州の新聞を見ていると、初めての本格的な陸上戦と言う事もありこの戦いのイメージによる影響はロシアが考えているよりは遥かに大きかったと思います。つまり注目度から考えて、手を抜いてはいけなかったのです。グラフは月次ですが日次でみるとその影響がわかります。鴨緑江は英語表記ではYa-lu River, ヤールーですから発音もしやすかったらしく、以前紹介したO・ヘンリーの小説でも「ヤールーを越えるような勢いで」という風にレトリックにも使用されています。キーワードとして捉えやすく、キャッチ・フレーズになった可能性が高いと思います。

O・ヘンリーはこの頃ニューヨーク・ワールド誌の日曜版に毎週短編小説を掲載していました。以前紹介した「ブローカーの恋」もこの頃の作品です。

しかしこれを見て一番感じるのはドッガーバンクにおけるバルチック艦隊の英国漁船誤射事件です。この後にスプレッドは急激に降下していきます。バルチック艦隊に対する評価が固まり始めたのかもしれません。金融市場は本当によく見てます。

そして旅順要塞陥落、日本海海戦で日露間のスプレッドは完全に無くなってしまい終戦に至ります。
しかしよく考えてみると、日本のリスク・プレミアムは終戦でやっとロシアと並んだと言う事です。
また戦争が終わると賠償金を要求されなかったロシアの金利も低下しています。

このグラフで面白いのは英国コンソル公債です。すごく安定していますね

ドッガー・バンクにおいてバルチック艦隊は日本の水雷艇がいるのではと言う疑心暗鬼に陥りましたが、潜水艦への恐怖もかなりあったと言われています。

当時の帝国海軍は潜水艦を所有していませんでしたが、ロシアは持っていました。
1904年6月のロシア潜水艦の事故の記事です。

Source:The Times 1904/06/30

2010年6月7日月曜日

100年前の国債リスク・プレミアム


わたしは日経電子版を買っていません。 紙の新聞で充分なのと暇な時にみつけるちょっとした記事が気に入っているからです。WSJは紙だとタイムラグが大きいので一時期有料で買っていましたが、これもどうしても必要と言う分けでも無いので今は止めてしまいました。

ところが最近1つサブスクライブした新聞があります。
ロンドンのTHE TIMESです。The Financial Timesではありません。

ひと月15ポンドですが、これのアーカイブ(データベース)が凄いのです。
何しろ世界で初めての日刊新聞で、やらせ記事を200年前にきっぱりやめた新聞ですからその過去記事の量と奥ゆきの凄い事。

画像でしまってあるので、当時の紙面のままですべてアクセスできます。この新聞は残念ながら今はルパード・マードックの傘下にありますから中立性云々に関してはよくわかりませんが。

今は100年以上前の日露戦争当時1904年頃の記事を読んでますが、同じ紙面で「100年前のタイムズ」と言う200年前の記事の特集をやっています。
秋山真之が私淑した元アメリカ海軍大学校長マハン少将の、タイムズへの寄稿も読む事ができますよ。

ここに日本公債や当時の各国のポンド建て債券価格の市況欄があるのですが、これがマネーマーケットでは無く、Stock & Sharesの欄に掲載されています。外国公債はストックと呼ばれているようですね。 

せっかくですから1903年12月30日現在の各国リスクプレミアムの表を作ったのでお見せしましょう。
Consoleは英国国債で当時の世界の基準金利。各国のリスク・プレミアムはこれとの金利差になります。



日本公債はこの後1904年に入り日露戦争が始まると大暴落していきます。
前回紹介した兜町の動きから見ると随分遅れてはいるのですが。

またこの表をよくみると、各国の実力に合わせて発行時のクーポン・レートが決定されている事がわります。日本の位置関係が面白いですね。またロシアも決して一流では無い事もわかります。3%のクーポンで発行できるのは一流国の証とも言えるでしょう。 Capeは南アフリカで英国植民地です。英国の植民地は皆3%のクーポンで資金調達ができるのですから、経済的にはメリットがあったと言う事です。

高橋是清が発行する戦時日本公債のクーポンレートは6%です。金本位制を施行できない中国よりも高いレートでの発行となってしまいます。

New York Timesもアーカイブで古い記事の検索ができて、そのうちいくつかの記事は無料ですが、The Timesにはかないません。

英語のデータベースは日本語に比べて圧倒的に読者が多いから価格面でしょうが無いのかもしれませんが、朝日新聞のDBは高価すぎて個人での購入が不可能である事を考えると彼我の差は埋めきれ無いものがありますね。(文句を言っても始まりませんかね。)

1日だけのサブスクライブも用意されているので、変な本を買うよりは面白いかもしれませんよ。

とまあ最近ブログの更新が減り気味なので、適当なエントリーで申し訳ない。

2010年6月5日土曜日

郵政改革法案


昭和五三年の東映作品に「冬の華」と言う映画があります。

降旗康男監督、高倉健主演のヤクザ映画でもちろんヤクザ同士の抗争を題材にしてはいるのですが、脚本は倉本聡が担当し「切った張った」の映画では無く、まるでフランス映画のように人生の切なさをクロード・チアリのギターをバックに謳いあげた傑作です。 日本映画でどれが一番好きか?と聞かれればこの映画かもしれません。未だの人はレンタルで是非見て下さい。私はもう多分十回以上は間違い無く見ているでしょう。


組を裏切った兄貴分を殺し刑務所に服役していた加納(高倉健)が15年ぶりに出所し、横浜に帰ってくるシーンから映画が始まります。

加納は足を洗おうとしますが、義理に厚く誠実な彼は再び同じようなケースに巻き込まれて行くと言うストーリーです。

この中で再び兄貴分を殺さなければならないシチュエーションに追い込まれた時に、町工場で働く実の兄(大滝秀治)のところを訪ねるシーンがあります。

公園のベンチでお昼を食べますが、今はあまり見れないテトラ(三角)の牛乳にアンパン、それに魚肉ソーセージです。 しかも細いやつ。

兄は加納に母の話をします。子供の頃に自分達を捨てたと思っていた母が実は苦労して働きながら子供達の為にコツコツと貯金していたと、郵便局の貯金通帳を見せてくれるシーンです。

残高がそれほどある訳ではありません。

母は少しでもお金に余裕ができたら郵便局に預けるという事を繰り返していましたが、その単位は1万円と言うサイズではありませんでした。280円であったり、740円であったり、320円であったり、毎日ではありませんが日々の生活を節約してやり繰りしていたのでしょう。何日も何日もまるでそれが生き甲斐であるのか、あるいは捨てた子供達への贖罪であるのか細めに郵便局に通った跡が残されていました。 

この通帳は郵便局でなければいけません。ATMの無い時代にこんな預け方をメガバンクでやったら営業妨害です、相手にしてもらえなかったかも知れません。あるいは「5千円貯まったら預金に来て下さい。」と丁重に言われたかもしれません。

公的金融の本来の目的は、
1。少額貯蓄手段の提供
2。民業の補完

「郵貯預金残高900 万円超640 万人」『読売新聞』2005.9.1.

郵政は219 の関連法人の存在と、郵政OB 約2,000 人(郵政OB 役員数合計 約400 人、郵政OB 職員数合計 約1,600人)の天下りが民営化後に明らかとなった。


鳩山政権が崩壊し、菅内閣総理大臣になる事が決まりました。

今朝の日経で政策研究大学院大学副学長大田弘子氏は「菅氏の試金石は国会審議も不十分な郵政改革法案を強行採決するかどうかにある」と指摘しています。

郵政改革法案は衆議院ではたったの6時間しか審議せずに強行採決しています。支持率が20%ほどしかない政権がです。

民主党はもともと民営化論者でしたが、小泉首相にお株をうばれてから、このあたりの論理展開に破綻をきたしています。小泉以降、郵政造反議員を許した安倍内閣も含め、郵政改革に手を抜くたびに各政権は支持率が低下していると私には見えます。

麻生さんの最後も鳩山弟の「簡保の宿」への難癖でしたし、今回も衆議院における郵政改革法案の強行採決がありました。

菅新首相の郵政改革法案の扱いは未だ確定していないようですが、扱いを誤ると最初から低い支持率のスタートとなりそうな気がします。

なにしろ既得権益を守りたい郵便局員対国民の比率をどう考えるかにかかっているのですから。


関連ブログ:いまさら郵政民営化

2010年6月1日火曜日

明治三七年兜町大発会


相変わらずしつこく日露戦争周辺の読書を続けていますが、日本の株式市場はどのようにこの戦争に反応したのでしょうか。

ちょっと小説仕立てで書いてみました。
このところ古い本ばかり読んでいるので、普通に書いてもこんな感じになってしまうのです。

英語の原書を読んでそのまま調子が移ってくれれば良さそうなものですが、そちらの方はそうも行かないようです。


昔から兜町で大発会と言えばお屠蘇気分にご祝儀商い、適当に上値をつけてシャンシャンシャンと手締めで新しい一年の相場を始める。これが習いのようなものだった。

 明治三七年(一九〇四年)の一月四日。この年ばかりは少々勝手が違った。 九時の寄り付きから売り注文が殺到。東株二五円安、北炭、郵船一〇円安、電機株類も五、六円から一〇円安といずれも目の子で二割方の下げ。大暴落を演じてしまった。

昨年来ロシアとの交渉が緊張を増すたびに相場は下げを演じ、「大砲一発ドカンとくれば」と、一貫して売り方有利の展開が続いていた。

兜町の面々も暮れの休みにゆっくりと頭の中を整理して、これはやっぱり売りだと結論を出した次第だ。つまるところ日本の株式市場は「日露の戦争は勝てそうもない」と読んでいた。

 一月五日は宮中新年会で休場。明けの六日、ロイター電報が「ロシア政界の平和願望」の記事を伝えると市場は一転して買い物になった。売り筋の踏み上げもあり、東株二〇円高、郵船七円高と反発した。当時は既に電報ネットワークが世界を繋ぎ、外電が相場に大きく影響を及ぼすようになっていた。

 それから一月後の二月四日、御前会議においてとうとう日露開戦が決定される。株式市場は大発会以降も軟調な展開を続けていたが、特に開戦決定前夜の二月の二日から四日にかけては諸株一直線に下落、新聞にも「取引所開設以来、空前、未曽有」の文字が並び、値付けは市場の機能であるとは言え、開戦を前にして国民の士気にもかかわる重大時となった。御前会議の決定は秘密だったのだが、何故か暴落。さすがは兜町だ。

 四日夜、東株取引所理事長中野武営は農林商工大臣清浦奎吾の官邸に呼ばれこう告げられた。

「東株取引所の責任者として、アナタは当然善後処置を講じなければならぬ。もし、株式市場がこのまま低迷を続けるようならば、止むを得ないから、政府は職権をもって、市場を閉鎖しなければならない。」

 現代であればPKOなり何なりと、政府権限で他にやりようがありそうなものだが、当時の株式市場は少しばかり事情が違う。

 中野理事長は農相官邸を辞去すると夜も更けているにもかかわらず、人力車を飛ばして当時東京随一の大地主、日本橋切っての大金持ちと評判の目白老松町にある渡辺治右衛門宅に飛び込んだ。後の昭和金融恐慌時に取り付け騒ぎの引き金となる渡辺銀行の創始者である。

中野理事長は渡辺に買い出動を懇願した。

「夜分、それもこんな遅い時間にまことに申し訳ありません。旧冬以来の暴落で株式市場は崩壊の危機に瀕しております。買い方の窮状は想像以上のものがありまして、客筋からの追敷(買い手の追証)の納入がままならないのみならず、仲買人の中でも破綻者が多数出てきそうな状況です。このままいけば日本の経済社会全般の危機のみならず、戦を前にして国家の威信にもかかわる重大時でございます。無理は承知のお願いでございます。ここは是非買い方となって相場を支えて頂きたい。」

「中野さん、相場は人為でどうにかなる物ではありません。」
と断る渡辺に、

「買い玉に追敷がかかっても取引所の帳簿のほうで何とかしますから。」と少々穏やかではないが、中野理事長一世一代の身体を張っての再度の懇願。

渡辺もいかに国家の為とは言え先祖代々の財産を棒に振ってまでとも考えてみたが、男気を出すのはこの時とばかり。

「そこまでおっしゃるのなら、よろしゅう御座います。」と言わざるをえなかった。

明けて翌五日、前場から強烈な買い物が飛び出す。山一と並び公債売買を得意とし地味で通った立五印福島商店からの注文は思惑を呼んだ。前日までの売り一色の市場はにわかに買い物に転じる。後場に入ると当時の人気相場師、にんべん将軍こと松村辰次郎率いるイ商店が買い参戦。兜町の早耳は何事かと勝手に憶測しちょうちんをつける。義侠心からの買いに売り方は躊躇してすっかり踏み上げられてしまう。

これを期に以降の株式市場は開き直ったかのように堅調な動きに転じる事となる。

こうした昨年来の下げ相場の中でも丹念に押し目を拾う買い方はいた。後に東武鉄道や南海電車を再建する日本の鉄道王こと根津嘉一郎だ。

「俺が相場を張ったのは日露の戦争の一度だけだった。そのほかはみんなソロバンを弾いての投資だ」 常に計算づくの投資が信条である根津は言う、

「どうせ戦争に敗けりゃ財産も何もあったものじゃない。恐らく国家としても、国民としても、一切合財がゼロだ、いやでもここではきっと勝つ、と固くそれを信じて、その方に賭けるしか仕方がなかった。」

どうも浪花節になってしまいそうですね。