2010年8月15日日曜日

株式 対 債券


Junk Bondの発行量が記録更新しそうです。

WSJ "Junk Bonds Hit Record"によるとインベストメント・グレード以下のボンドの発行量が先週だけで154億ドルに達したそうです。8月、月間途中経過で211億ドル、過去10年の月間平均発行量が65億ドルでしたからその大きさがわかろうかと言うものです。年間途中経過では1550億ドル昨年比80%増、今の段階で2009年の1636億ドルを抜く事は間違いがなさそうです。

背景はFEDがしばらくは0%金利を維持しそうな事、10年債券を中心とする国債利回りが低下している事。 おまけに株式市場が「どうにもしまらない事」にあるようです。
こうしたJunk Bondの供給はズバリ借換であって新たな事業への投資では無いそうでです。金利低下局面で低利に借り換えると言う行為ですね。買う方は他にロクな投資案件も無い事だしデフォルト・リスクを加味しても利回りは魅力的だと言う理由につきるようです。
投信DBのリッパー社の発表ではジャンク債を投資対象とする投信に5、6月2ヶ月間で35億ドルの資金流出があったものの、ここ5週間では逆に41億ドルの資金流入が見られ個人投資家からの需要も旺盛だそうです。

ではジャンク債はどれくらいのレートで発行されているのでしょうか。
First Data Corp. sold $510 million of 10-year notes at 9.125%, 2014年の銀行借入返済の為、
Peabody Energy sold $650 million of 6.5%, 10-year notes、3年後満期の高利回債の借換、
MultiPlan Inc., a health-care cost-management provider, sold $675 million of notes this week, at 9.875%、これはバイアウトの為、
Cott Corp., a maker of store-branded soft drinks, sold $375 million of debt at 8.125% 、これは Cliffstar Corp.買収の為。

こうした高利回り債の市場がある事が米国市場の厚みであり深みですよね。

もちろんインベストメント・グレードの債券も同様に買われています。AaaとBaaと10年国債コンスタント・マチュリティの比較です。Fredから

つまり今の市場の心理状態を言葉で表現するなら、
「デフォルトが頻発するような2番底は無いだろうが、景気は低迷して株は上がらない」

アメリカの投資ブログ"The Big Picture"ではStock vs Bondと言う面白いエントリーがありました。
バロンズの記事から、

“It’s for good reason the stock market was dubbed “the bond market’s idiot kid brother.”
株式市場は「ボンド・マーケットの馬鹿ガキの兄弟だ」と呼ばれる所以だ。

“Telling a similar story in a different way, the dividend yield of the Dow Jones Industrial Average components, at 2.65%, is essentially equal to the 10-year Treasury yield. The folks at Morgan Stanley note that over the past 50 years the Dow’s yield has exceeded that of the 10-year Treasury for only one period—the end of 2008 into early 2009, as the financial crisis climaxed.”
同じような話を言い方を変えて表現してみよう。ダウ工業株の利回りが2.65%で10年債と同じになった。モルガンの連中が言うには過去50年間で株式の配当利回りが10年国債の利率を上回ったのは金融危機がクライマックスを迎える2008年の終盤と2009年の年頭だけだった。

「株は安いぞ買いましょう」と言う意味でしょうかね。
The US market's idiot kid brother.の東京マーケットとしてはこう言うでしょう。
「アメリカのお兄ちゃん、それってデフレ市場だよ。東京をよく見なよ」

シラー教授のデータから、過去の配当利回りと国債の関係を見ておきましょう。



1950年以前の株式配当利回りは国債利回りよりも高いものでした。
理由は「株は危ないから(不確かだから)」
日本に続いていよいよアメリカも株式β(インデックス)だけではリターンを稼げない時代に入ったのでしょう。


追記:「ずばり」と入力して変換すると「言うわよ」がおまけについてきました。

2 件のコメント:

株の初心者 さんのコメント...

いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

Porco さんのコメント...

コメント有難う。