2011年1月29日土曜日

ジャスミン革命とユース・バルジ


サッカー・アジア・カップのおかげでカタールだとかヨルダンだとか中東の国の名前がすっかり日本でおなじみになっています。
チェニジアで起こったジャスミン革命はエジプトに飛び火し、周辺国への拡大が懸念されています。
確かにこれはべルリンの壁崩壊以来の本質的な物事の変化を感じさせるものがあります。

ジャスミン革命でもネットの普及が情報の拡散を促し、エジプトで政府によって現在遮断されているように蜂起時の連絡網として使われたわけですが、ちょっと気になってこうした国々のITUによるネットの普及率を調べてみました。

それとどうしてもイスラムと言う事もあって以前読んだ「自爆する若者たち」グナル・ハインゾーンのユース・バルジが気になったわけです。
それで2つのデータをまとめて表にしてつらつらと考えてみました。週末の思考ゲームです。
果たしてこの革命は燎原の火のように周辺国に広がるのでしょうか?

ユース・バルジとは全人口に占める15歳から30歳迄の人口比率が30以上となった時に軍備人口が出現し、簡単に言えばテロリストが増えるという話しです。
今回の革命とは少し違いますがユース・バルジは不満分子の数とも言い換えられますので使えると思います。WHOのデータベースを上手に使えばこの人口データも取得できそうですが、今回は簡単に取れる15歳未満人口比率を表に加えておきました。

DATA; ITU HP & WHO DB

先ずチェニジアですが、under15の比率はさほど高くはありませんがネットの普及比率が高かった。
今回大活躍しているブログ「中東の窓」によればチェニジアは政府の腐敗状況がかなり特殊だったようにも見受けられますがネットの普及比率の高さが簡単に全体運動に結びついたのではないかと思います。

エジプトは年齢のメヂアン値が23歳と非常に若く、15歳以下比率でも32と十分に革命発生の素質を持っていました。ネット普及率は高くはないのですが逆に言えばこれだけあれば十分とも言えるのではないでしょうか。

では飛び火するとしたらどこでしょうか?
先ずOPECからですが、クウェート、アラブ首長国連邦、カタールなどは十分裕福な国でネットの普及率も高いですが年齢構成も結構高いと見受けます。
危険なのはやっぱり適度にネットが普及して人口構成の若い国、ナイジェリア、サウジ、アルジェリア。
OPEC外ではシリア、ヨルダン、と言ったところでしょうか。
またこうして見るとイスラムではありませんが中南米にも結構危ないところがありますね。

断っておきますが政治情勢は全く考慮に入れていません。念の為。

NYの下げの方は格好の利食い材料だったのだと思いますが、こうした革命が本当に成功するならば東西冷戦終了と同じように長期相場の大きな材料となるかもしれません。

2011年1月21日金曜日

実質実効為替レート④


実質実効為替レート③では日経平均に対する相関係数はドル円が0.6、実質実効為替レート(以下EER)が0.9とEERの方が高い事がわかりました。

そしてその相関係数を計測し始めた時期はドル円とEERが乖離を始めた時期でもありました。

ではこの時期に何が起こっていたのでしょうか?

先ずは日本銀行HPにあるEERの解説を読んでEERの算出方法を見ておきましょう。

2.算出に使用するデータ等
(1)対象通貨・為替レート
「2000年1月以降の実効為替レートについては、『日本から当該国・地域に対する輸出額(2005年)の全輸出額(同)に占める比率が1%を超える国・地域』を対象通貨として選定しています。具体的には、以下の15通貨を対象としています。
米ドル、中国元、ユーロ、韓国ウォン、新台湾ドル、香港ドル、タイバーツ、シンガポールドル、英ポンド、マレーシアリンギット、オーストラリアドル、インドネシアルピア、フィリピンペソ、カナダドル、メキシコペソ」


(2)貿易ウエィト
「日本の輸出競争力」を捉える観点から、日本の輸出額に占める当該相手国・地域のウエイトを使用しています。 


つまり1%以下の通貨は切り捨して、2005年当時では15カ国の通貨を対象にしています。そしてこれらの国とのインフレ率の差を調整して日本のEERを計算することになります。因みにBISと日銀のデータはBroad base では同じ値です。

財務省貿易データによれば2009年の1%以上の国は16カ国ですが、あまり細かく見る必要はないでしょう。クリックすれば大きくなります。

このデータの対象国を絞り時系列にしたものが以下のグラフです。
アメリカとEUの比率が低下し、アジアの6カ国(中国、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール)のシェアが上昇していることがわかります。

もう少しシンプルにしてみます。

2000年辺りから貿易相手(輸出先)が完全に入れ替わり2003年から米国とアジア6カ国のスプレッドが大きくなっています。
貿易相手国がアメリカ中心からアジアに移ればドル円ではなく人民元を中心にその他のアジア通貨を気にしなければならないのは当然ですよね。

これが日経平均に対するEERの影響力が大きくなったと考えられる理由です。

考えて見れば当然です。日本は輸出で稼いでいますから交易相手国の条件が変われば企業収益も影響を受ける。したがって日経平均の水準にも影響する。

では僕らはドル円以外に何を見ておけば良いのでしょうか?

幸いアジア諸国の他通貨もBISでEERを集計してくれていますから、それを見れば良いことになります。

これを見ると色々と納得のいくことがあります。

2003年から2005年にかけて俗にいう円高にもかかわらず日経平均は上昇したが、EERは横ばいだった。
リーマンショック後の東京株式の戻りが他の国比べて悪かったのはEERが高止まりしたから。
特に2010年に落ち込んだのははEERが他国に比べて上昇したから。
韓国製品に追い上げられてヒイヒイ言っているセクターもあるが、ウォンが110から70にまで落ちて今でも80近辺にいるから当然とも言えること。
アメリカが中国に人民元上昇圧力をかけているが、これは我々にとってもすごく大事であること。
株式市場の先行きを展望するには人民元以外にもウォンや台湾ドル、香港ドルの動向は以前よりはるかに重要になっていること。

等々でしょうか。

オー・ヘンリに見る日露戦争

当時のアメリカでどれほど日露戦争の情報が浸透していたのか興味のある史料があります。この頃のアメリカにはオー・ヘンリと言う「最後の一葉」で日本でも有名な小説家が活躍していましたが、彼の小説には日露戦争がよく登場します。

ヘンリは横領事件で服役していましたが、日露戦争の始まる2年前の1902年からニューヨークに移り住み、当時のニューヨークではメジャーな「ニューヨーク・ワールド」紙に毎週1編の割合で短編小説を書き始めていました。1904年にそれらの短編をまとめた単行本「キャベツ畑と王様」が出版され、1906年にはベストセラーとなる「四百万」が発売されています。この四百万とは当時のニューヨーク市の人口のことでした。

彼の代表作のひとつ「赤い酋長の身代金」は、さしずめ現代の映画「ホーム・アローン」のようなもので、誘拐犯が拐ってきた子供がとんでもない小僧で、逆に犯人がひどい目にあわされる話しです。そのなかでそのとんでもない小僧である子供をなだめるために可哀想な誘拐犯がこう言います。
「もう少し気分がよくなったら日露戦争ごっこをしてロシア兵になってやる(だからしばらくはおとなしくしてくれ)」[1]
ごねる子供を納得させるシーンです。
私が想像するにはこの「日露戦争ごっこ」とは身体の小さい子供が大きな大人を退治して楽しむ遊びなのでしょう。この誘拐犯は日露戦争ごっこで再び酷い目にあわされるに違いありません。こうした遊びが当時のアメリカで流行していた事がよくわかる一節です。

また別の代表作「アラカルトの春」では周辺が騒がしくなった時のメタファーとして「裏の塀の上の猫どもが、奉天に退却するロシア兵のように、そろそろと退却していった」と言うような表現もみられます。ロシア兵が奉天に退却していく様は、「何匹かの猫達がそろそろ」と音もなく歩くようにヘンリは新聞記事からイメージしたのでしょう。

小説「振り子」ではアパートの管理人がいたずら小僧を追い払う様を表現して「ヤールー(鴨緑江)の向こうへでも追い払うように追い払った」と言う表現もあります。シッシッとごく簡単に追い払ったというような意味なのでしょう。

オー・ヘンリは毎週一編の短編小説を書かなければなりませんでした。題材や表現には最新の時事問題や新聞の見出しを飾った言葉が使用されていると考えられます。こうした比喩や表現から当時のアメリカ人の日露戦争に対する関心がよくわかるのではないでしょうか。
高橋も深井も英文の新聞や雑誌によく目を通していたと考えられますから、ヘンリの小説を読んでいたかも知れませんね。

アメリカでは大国のロシアは人気が無く小国の日本は同情されていました。Underdog=勝ち目のない人を応援するというアメリカ人特有の性質もあったでしょう。
鴨緑江や奉天など極東の地名が広く知れ渡るようになり、近所や職場での話題の中に日露戦争と言う言葉はちょっとした流行語になっていたのかもしれません。鴨緑江「ヤールー」などと云う言葉は発音がエキゾチックで非常に覚えやすかったのではないでしょうか。

またアメリカで売り出された日本の公債は小口の投資家が大勢買いました。彼らの投資していた日本公債がさらに日本への感心を産み、それまであまり知られていなかった東洋の小国日本がアメリカではひとつのブームであった形跡がオー・ヘンリの小説に残されています。[2]



関連記事 The Romance of a Busy Broker

[1] O・ヘンリ短篇集」大久保康雄訳 新潮文庫 p35
[2] カリフォルニア州では1906年、サンフランシスコ市で日本人学童隔離問題が発生していることにも注意は必要です。

2011年1月19日水曜日

実質実効為替レート ③


昨年8月に書いた実質実効レートのエントリーは今でも驚くほど多くのアクセスがあります。グーグルで検索しても多分他にあまりないからだと思います。
そこで折角検索してたどり着いた方にいつまでも8月の古いデータでは申し訳ないので、データをアップデートしておくことにしました。

実質実効レートの解説は8月のエントリーを見てください。ここではそれを読んだ上での話になります。

今回はグラフに中国人民元(点線)も加えておきました。2005年以降は継続的に右肩上がりです。日本の為替介入後米ドルの下落が目立ちます。何だったんでしょうねあの介入は。

グラフ類はクリックすると大きくなります。

前回は日銀の実質実効レートと円ドルを90年=100として指数化したグラフをお見せしました。これは円ドルと実質実効為替レートとの差を認識する為のグラフでした。

今回は逆にグラフのY軸を円ドルに会わせて、実質実効レートのみを指数化してみました。
1990年のBIS実質実効レートが144.98円だったと仮定して実際の円ドルとの相対的な位置関係を見ようとするものです。つまり12月の円ドルは83.33円だけれど、貿易相手の国々のウェイトやインフレ格差を考えると実際の日本の為替っていくらなの?ドルで言えばいくらなの?円高なの?という疑問に答える為の指数です。円ドル感覚で実質実効為替レートを見るためのものです。

この指数を修正Effective Exchange Rate Indices=adjusted EERI=adj.EERIとします。wikiで調べても出てきません今造った造語ですから。EERIの逆数を指数化しただけのものです。



青い線が円ドル、赤い線がadj.EERIです。これで見ると12月末の実質実効為替レートを円ドルの感覚で捉えると132.72円ということになります。もちろん基点をどこにするかで随分結果が変わりますからこの数字の使用には注意が必要です。

しかし、この赤い線のadj.EERIの形はどこかで見たことありませんか?

下のグラフを見て下さい。


これはadj.EERIと円ドルと日経平均を重ねたグラフです。左軸が為替、右軸が日経平均です。
先ず為替だけを見ると2003年迄はadj.EERIと円ドルはほぼ同じように動いていますが、それ以降両者は大きく乖離し形を変えてしまいます。ドルが単独で安くなっています。

為替と株の関係を見ると、adj.EERIと日経平均は2003年以降ほぼ同じ動きをしています。形が似ていると言う意味です。円高になれば日経平均は下がり、円安になれば上昇するのです。

その一方で円ドルと日経平均の関係は希薄になっています。つまり為替として日経平均に及ぼす影響はadj.EERI=実質実効レートの方が円ドルよりも強そうです。当然これは日経平均を予測する際にはドル円を見ているよりは、実効実質為替レートを見ている方が良いということになります。

月次データですから2003年以降96ポイントしか観測できませんが、3つの指標の相関係数を計算して見ました(下表)。日経平均とEERIの相関係数は0.89もあるのです。

実質実効レートは日経平均に大きく影響をおよぼしている。

これですと実質実効レートがいくらになるか予想出来れば日経平均もアラアラ予想できることになります。

実効実質レートの予想が難しいだろうって? 相関係数が0.6の円ドルで予想を立てるよりは余程気がきいていますよ。

ここでは1次回帰式を使って為替水準による日経平均の水準を推定してみましょう。
回帰式の係数はSLOPE関数で、切片はINTERCEPT関数で簡単に計算できます。
そしてここでは指数化したadj.EERIはその都度いちいち逆数を計算する必要があって面倒なので生のEERIの数値を使用します。相関係数はプラスマイナスが入れ替わるだけで殆ど変わりません。

日経平均とEERI(BIS実質実効為替レート)を2003年1月から一次回帰してみると、
Correl=-0.891313、RSQ=0.7944382、Slope=-280.5984、 Intercept=40324.61
これはそのままエクセルの関数になっています。詳しくはWEBで、エクセルのね。

日経平均=Slope x EERI +Interceptが推定式です。

この式を使って2003年から現在までをグラフ化してみると以下の点線ようになります。
点線が上記式による推定値、実線が日経平均実績値です。単純な割によく出来ています。


さて12月のEERI(赤い線)は113.44でした。
これがもし新値をつけて10%の円高に向うなら、124.78
上記計算式に入れると、
日経平均は5,311円=124.78 x -280.5984+40324.61まで下がる。

10%の円安ならば、102.096
日経平均は11,677円=102.096x-280.5984+40324.61まで上がる。

上のグラフの黄色の線がスプレッドですが、現在の日経平均の水準は推定式による水準よりも1700円ほど高いのです。でもこれは心配ありません。よくある事です。これの高安で売り買いするとボロ負けしますよ。

しかし全体相場の先行きを予測する上でこれを全く無視することもできません。
例えば趨勢として実質実効為替レートで円高を予想しながら日経平均高を予想するのは無理があるのです。円ドルであれば円高でも日経平均が上昇する可能性はあるのです。

今後の日経平均を展望するにはドル円の見通しよりも実質実効為替レートの展望が欠かせないのです。つまり貿易相手国の為替とインフレ見通しがより重要だということです。
ゴタゴタと屁理屈を付けても日経平均の動きの9割は為替で説明できるのです。

ここで日経平均推定値グラフを作ってみます。
A.実質実効レートが毎月0.5ポイント上昇する円高→日経平均安
B.実質実効レートが毎月0.5ポイント下落する円安→日経平均高
2つのシナリオです。


シナリオA.=EERIが125ポイントなら5126円まで下がる可能性が高い。
シナリオB.=EERIが101ポイントなら11,861円まで上がる可能性が高い。

誤差も大きいことには注意が必要ですが、取り敢えずこう言う結論は出せるのです。チャート見ても不自然ではありません。これと全く違う予想をするのは少々問題がありますが、一方でこれは過去のデータの延長でしか無いことも重要です。気をつけて下さい。

しかしながら敢えて結論するならば、
円ドルの水準にこだわるよりも実質実効レートの方が株式市場には影響が大きい。

昨年ポピュリズムに染まった政治家が為替介入を望む運動をしていましたが、日本の自分勝手な為替介入は中国や新興国に為替切り上げを迫っていた先進国から白い目で見られたことは記憶に新しいところです。

中小企業の救済を叫びながら、実際には足を引っ張っていたことはちゃんと歴史に残るでしょう。




2011年1月16日日曜日

期待インフレ率見直し


どうもこのブログが歴史ブログになってしまいそうだったので、別立てで金融市場と日露戦争を立てたのですが、結局元にもどって歴史ブログになってしまいました。

金融市場と日露戦争はアーカイブとして使えば良いかなと思っています。
それよりもこの歴史ブログ化した原因はもっと単純で普通のエントリーを書かないことにあると指摘されてしまいました。おっしゃるとおりです。

1年前に書いたエントリーでブレーク・イーブンインフレ率がありますが、今でもパラパラと見ていただいているようですのでアップ・デートしておきます。

下のグラフの青い線が1年前に見た期待インフレ率でした。
リーマン・ショックによる需要減退でデフレ懸念が出て、TIPSが買われたのが2008年末にかけてでその後2009年の1年間をかけて戻してきたのが当時の状況でした。

青が期待インフレ率=10年債利廻りマイナスインフレ連動債利廻り(左軸)
赤がCPI前年同期比%(右軸)
黒がCPI前月比%(右軸)

その後どうなったかと言うと、2010年年央に再び同じ懸念が出ましたがバーナンキ議長のQE2でこれが救われた形になっています。
下のグラフは期待インフレ率(青)にSP500(赤)を重ねたものです。
株価上昇のエンジンが何であるかがよくわかると思います。

青が期待インフレ率
赤がSP500

そして直近の期待インフレ率は2.4%まで戻ってきています。まだ定着したと考えるには早計ですがこれ以上にインフレ期待を盛り上げる理由もありません。


また下のグラフは5年分しかありませんが2年債(赤)と30年債(青)の利廻りです。一方的に短期債である2年が下がっています。
青が30年債利廻り
赤が2年債利廻り

そしてこれがそのスプレッドをグラフ化したもの。30年債が発行されていない時期もありますから途中で途切れています。
30年債利廻りマイナス2年債利廻り

ここへきてこのスプレッドは歴史的にみても過去最大になっています。
30年債(赤)と30年債と2年債(青)のスプレッドです。
因みにコンスタント・マチュリティとは常に2年フルの債券は存在しませんから(発売して翌日から償還期間は短くなる)連続性があるように計算し直したものです。

赤が30年債利廻り
青が30年債利廻りマイナス2年債利廻り

これもインフレ期待を反映していると考えて良いでしょう。

もっともQE2では30年債の購入がわざと低く抑えられているので意図的にこうしたイールドの立った状況を演出しているわけですが。

そうした意味で「デフレ懸念を払拭する=適度なインフレ期待を市場に持たせる」目的はひとつの節目を迎えたことになります。

後はインフレ期待の定着をどれくらいの期間で見るかなのではないでしょうか。元々お金をばらまいていますからオーバー・シュートは面白くないのです。

14日ブルーンバーグのニュース「名付け親ゴールドマンがBRICs離れ-米はスウィートスポット」ではBRICsのインフレ懸念からの利上げを材料に新興国株式をオーバーウェイトから引き下げる動きが報じられています。そしてBRICsからの資金の引き上げが米国株をスウィートスポットにすると言っていますが、私は後者のほうには懐疑的です。上昇するとしても少なくともドル安を伴うことになるのではないでしょうか。 私には危なっかしく思えるのです。

2011年1月4日火曜日

明けましておめでとうございます


少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

前回の更新が12月16日でしたから結構間が空いてしまいました。
昨年は高橋是清にずっぽりとはまってしまい、ブログの更新もそうした関係ばかりになってしまいました。

そこで、今年からはそちらの方は別サイトを立ち上げて、これまでの記事の整理を兼ねてまとめ直してみました。

こちらのブログは週2回程度の更新にしようと考えています。

せっかく分けたのですから、Porco Rosso Financial 本体は現代の話を書いていきたいと思います。
今度は大正時代にはまりそうな気もしますが。

何はともあれ今年も宜しくお願いします。

Porco