2011年4月26日火曜日

外資系が放射能を恐れて日本から香港へ?


香港のHFで働く友人からメールがきました。

外資系が放射能汚染が怖いから香港やシンガポールにスタッフを移動しているという話を聞いて驚いたのだそうです。

確かに東京から大阪に移動したという話は聞いていますし、大阪でオフィス物件を探したり高級ホテルが繁盛しているといいう話もよく聞きますがシンガポールはともかく香港はどうなんでしょうか。BNPパリバがスタッフ何人か香港に移動したという話は確かに報道されていましたが。

先日関西から親戚が3泊ほど泊まっていったのですが、放射能もさることながら地震に馴れない人間にとっては余震による恐怖感の方が要因としては大きいのではないかと言う意見でした。

さて香港です。
金融センターから50kmの地点に原発があります。
そしてこれがしょっちゅう放射能漏れを起こしている問題児のようなのですが、自主的な発表は無いそうです。
香港サイドの放射線値が上昇し、「事故か?」と突っ込むとおもむろに発表があるのだそうですが、体質は想像できます。







彼によると「外資系が東京から流出しているのは他に原因があるのではないか?税金とか規制の緩さとか」という意見でした。

確かに。

0 件のコメント: