2011年12月31日土曜日

今年読んだ本を振り返って


年末なので今年読んだ本を整理しておく。

今年は新刊書をあまり読んでいない。新刊書を買う場合には評判を確かめてから買うことが多いのであまりハズレというものはない。カーメン・ラインハートの「国家は破綻する」はすっかり有名になったが、アタリの「国家債務危機」もまとまった良い本だと思う。カーメン・ラインハートのデータを使いまくっているのでご本家を読むよりも簡単かも知れない。意外によくまとまっているのが新書で松田千恵子氏の「国債・非常事態宣言」、 何も目新しいものは無いがこれ1冊あれば国家破綻について簡単な議論はできるだけのデータが入っている。そして実務家の眼からはみずほ証券高田氏の「世界国債暴落」は具体的だ。市場関係者にはこれが良いだろう。

津上氏の「岐路に立つ中国」は早めに書評を書いてブログに載せてみた。アマゾンで結構買って頂いた。中国関係の基礎知識習得には抑えておきたい1冊。津上氏にブログを見られても良い状態にしておかないと。

脚注が全体の3分の1を占めるという水野氏の力作「終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか」は正直に言って読みづらかった。その為に途中で一旦中止して同氏の新書版「超マクロ展望 世界経済の真実」を先に読むことにした。そこから水野氏の考え方を理解する為に、一連の「世界システム論」関係の入門書を読むことになってしまった。これは実に楽しい作業だったし、今も続いている。年末用にジョヴァンニ・アリギの「長い20世紀」というとんでもなく分厚い本を用意してある。本文だけで542ページ。

橋下・堺屋の「体制維新―大阪都」は「ちきりんのブログ」で推薦していたので読んだ。なるほど確かに体制維新の根拠がよくわかる。読んでおいて損は無い。実は平松大阪市長の先代関市長の時に大阪の将来を憂うそうそうたるメンバーで経営分析を実施している。これが「行政の経営分析 大阪市の挑戦」マッキンゼーの上山信一+大阪市役所著で2008年12月に刊行されている。この発刊時点では関市長ではなく組合の押す平松市長になっていた。最近取り寄せたばかりで中身はパラパラとしか見ていないが大阪在住の人にはデータ満載で面白いと思う。

『「通貨」を知れば世界が読める』は手元に何も本が無い時に本屋に積んであったので買ったが、ちょっと残念な本だった。歴史的記述に間違いが多く、いかに2時間新書とはいえ雑に過ぎる。例えばP38 「たとえば最初に世界に覇を唱えたスペインも、金貨を使っていた。まさに金正貨本位制というべき経済体制であった」。 「無敵艦隊」の名前はサッカーを通じて有名なので、何も知らない人にはスペインはいかにも覇権国家らしく通りは良いが、スペインは覇を唱えようとしてかなわなかった国であり、金貨もあったが圧倒的に銀貨である。これがなければポトシ銀山産出の大量の銀供給(これだけではないが)による「価格革命」の説明にも繋げないだろう。玄人による書評が無い不思議な本である。代わりと言っては何だけれど、昨年発行の同じようなテーマで日銀OBの岩村充氏の書いた「貨幣進化論」がある。第1章のタカラガイの譬え話には好き嫌いはあろうがこれはお奨め。

岐路に立つ中国  津上俊哉
世界国債暴落  高田創
炭鉱に生きる      山本 作兵衛
国家は破綻する  カーメン・ラインハート
国家債務危機  ジャック・アタリ
国債・非常事態宣言 松田千恵子 新書
体制維新―大阪都                  橋下 徹・堺屋 太一 新書
ランダム・ウォーカー 10版         バートン・マルキール
マネーの進化史                   ニーアル・ファーガソン
ダニエル・カーネマン真理と経済を語る  ダニエル・カーネマン
終わりなき危機                   水野和夫
超マクロ展望 世界経済の真実  水野和夫 新書
場末の酒場 ひとり飲み           藤木TDC       新書
日本中枢崩壊                      古賀茂明
「通貨」を知れば世界が読める  浜矩子 新書

新刊書では無いが仕事がらみでクルーグマンの国際経済学の教科書を初めて読んだ。貿易と為替上下2巻。1日1章と決めて22日かかった。
これは第8版で、英語では第9版が既に出ているそうだから年明けには読もうと思う。ユーロ問題等を考える際の貿易・為替の基礎理論、戦後の時系列での歴史等結局この本が一番しっかりとカバーしている。教科書なんだから。中途半端な本を数冊読むぐらいならば覚悟を決めてチャレンジするのも良いと思う。
「日本農業の真実」は自民党石破議員が推薦していたから読んだ。TPPを考える時に農業問題は真実がわかりにくい。

実験経済学入門 ロス・M・ミラー
クルーグマンの国際経済学 上下 ポール・クルーグマン
貨幣進化論 岩村 充
日本農業の真実 生源寺 眞一

趣味関係では今年は本当に読書が少なかった。丹波達身寺は実家のお墓の近くにある寺である。工作途中の仏像が大量に発見された。地元の郷土史研究家である船越氏は平安・鎌倉期に仏師の養成所があったのではないかと推論している。伝承では織田信長丹波平定の際に明智光秀によって大きな伽藍を持っていた達身寺は焼かれたことになっている。丹波・丹後地方への旅行の機会があれば一度訪ねてみてはどうだろうか。安城理奈さんも住んでいるという。
児玉清氏はお亡くなりなったので1冊読んでみたものだ。僕は児玉氏が有川浩氏のために書いた「阪急電車」のあとがきが一番のお気に入りである。

達身寺花曼荼羅 中松弘子
丹波達身寺 木彫仏像の源郷 船越 昌
負けるのは美しく 児玉清 文庫

今年は本を書いていたので日露戦争関係の専門書を多く読んだ。昨年読んだものを加えると80冊ぐらいを本を書くために新規に読んだことになる。

産業革命と企業経営  阿部武司
明治経済政策史の研究  神山恒夫
アメリカ金融資本成立史  呉天降
帝政ロシアと外国資本  中山弘正
マーチャント・バンキングの興隆  スタンリィ・チャップマン
もうひとつの日露戦争  コンスタンチン・サルキソフ
鉄道の地理学  青木栄
アルゼンチン海軍観戦武官の証言  マヌエル・ドメック ガルシア
黄昏の詩人  工藤美代子

また次は何を書こうかと、お気楽なことを考えていて、ひとつは日露戦争以降の大正・昭和史が頭にあったので整理の意味でたくさん読んだ。

大収縮1929-1933 フリードマン
昭和金融恐慌の研究 岩田 規久男
金融恐慌の歴史 キンドルバーガー
大陸に渡った円の興亡 上下 多田井 喜生
アジア・太平洋戦争史 中山恒
日本経済を殲滅せよ エドワード・ミラー
日本の金本位制時代 小島 仁
戦時通貨工作史論 桑野仁
あの戦争と日本人 半藤利一
戦前日本のグローバリズム 井上 寿一
日中戦争下の日本 井上 寿一
第二次世界大戦 1-4 チャーチル 文庫
模索する1930年代―日米関係と陸軍中堅層 加藤陽子
ニューヨーク・タイムズが見た第2次世界大戦 上下 池上彰
日本の選択 対日仮想戦略オレンジ作戦 NHK
パックス・ブリタニカ 上下 J・モリス
帝国の落日 上下 J・モリス
アメリカ外交50年 ジョージ・F・ケナン
孫文 上下 陳 舜臣 文庫
孫文の辛亥革命 保阪 正康 文庫
日本人はなぜ戦争をしたか 猪瀬 直樹

また金融史をブログで書こうと考えてメソポタミアあたりから始めたのだけれど、途中で時期尚早(基礎知識不足)と考えて断念してしまった。それでも読書は続けた。 川北稔氏が高校生向けに書いた「砂糖の歴史」は面白い。辻邦生の「春の戴冠」は今年小説を読む機会が少なかったこともあり、フィレンツェの当時のメディチ家の状況を楽しみながら体感しようと読んだ本だ。凄い日本人小説家がいるものだ。「投機と先物取引の理論」杉江雅彦氏は堂島の米相場の研究家。堂島に興味のある人には面白いと思う。フェルナンデス―アルメストの「世界探検全史」は世界システム論的な歴史観からも面白い作品だ。日本のような最果ての周辺国も丁寧に扱っているのが好感。
この分野はまだまだ読まなければいけない本が順番待ちになっている。
英語原書は今年は1冊もまともに読めなかった。歴史関係の本はデータ参照用に購入したものだ。フォールト・ラインズは昨年原書で読んでいたが、今は翻訳が悪くてすっかり有名になった日本語版を読んでいる。今年中に読み終わるか?

愚者の黄金 ジュリアン・テッド
お金から見た幕末維新 渡辺口男 新書
簿記の生成と現代化 フラマン
古代ギリシャの農業と経済 岩片 磯雄
振り子の金融史観 平山賢一
お金の歴史全書 ジョナサン・ウィリアムス
世界経済史 中村勝己 文庫
ファィナンス発達史 J.B.バスキン
ゴールド  ピーター・バーンスタイン
金貸しの日本史 水上 宏明
ケインズ  ロバート・スキデルスキー
株式会社 ジョン・ミクルスウェイト
入門日本金融史 落合功
金・銀・銅の世界史 村上隆 新書
堂島のDNAを取り戻せ 柳沢 逸司
投機と先物取引の理論 杉江 雅彦
歴史が教えるマネーの理論 飯田 泰之
貨幣の悪戯 フリードマン
金融権力―グローバル経済とリスク・ビジネス 本山 美彦 新書
新版 バブルの物語 ガルブレイス
ローマ経済の考古学 ケヴィン グリーン
世界探検全史 上下 フェリペ・フェルナンデス‐アルメスト
ウォーラーステイン 川北稔
イギリス近代史講義 川北稔 新書
略奪の海 カリブ 増田義郎 新書
メソポタミア文明 ジャン・ボッテロ
四大文明 メソポタミア NHK
シュメール ヘルムート ウーリッヒ
詳説世界史 山川出版
メソポタミア―文字・理性・神々 ジャン・ボッテロ
バビロニア ジャン・ボッテロ
数学の歴史 上垣 渉
シルクロード ジャン‐ピエール・ドレージ
陸と海と カール・シュミット
歴史入門 フェルナン・ブローデル 文庫
ブローデル「地中海入門」 浜名 優美
砂糖の歴史 川北稔 新書
オンリー・イエスタデイ F.L. アレン 文庫
1984年 ジョージ・オーウェル 文庫
春の戴冠 1-4 辻邦生
The London Stock Exchange: A History R. C. Michie
The Global Securities Market: A History R. C. Michie
Famous First Bubbles: Peter M. Garber
A History of Interest Rates Sidney Homer, Richard Sylla

全部で109冊だった。除夜の鐘を聞いてすべて忘れたりしたら嫌だね。でも煩悩よりも1つ多い。

来年も宜しくお願いします。






2011年12月24日土曜日

大きな石のお金の話


日比谷公園を有楽町側から入り池の端沿いに少し歩くとフェィと呼ばれる直径1メートルほどの石貨がさりげなく置かれている。横にある説明板にはこの石貨は南太平洋ヤップ島(ミクロネシア連邦)の貨幣で、大正13年頃には1000円位で通用したと書かれている。

ヤップ島では古くから直径30センチから3メートルまでの石を貨幣として使っていた、重たくて持てやしないだろう。しかもこの石貨の材料はこの島には無く、500キロ離れたパラオ島から持ち込まれたものだった。島民はパラオ島に航海し、そこで自ら石灰石から貨幣を掘り出しヤップ島に持ち帰っていたのである。パラオ島で石貨が使われていたわけではなくヤップ島独自のものである。

この石貨には注目すべき特徴があった。この貨幣を使用して何か、例えばコプラとかと交換する時に、この石貨は移動させる必要がなかった。(もっとも重たすぎて簡単には動かせないのだが)石貨は広場や道端など村のどこかにおいてあり、所有者が代わったことだけを双方が了承すれば良かったのである。現金の持ち運びは必要でなかったのだ。
また、ファツマク老人という人がいて、彼は村一番の資産家だったが、誰も彼の石貨を見たことがなかった。彼の2,3世代前のご先祖様が巨大な石をパラオで削り出し、持ち帰ろうとしたが時化に会い途中で失くしてしまっていたのだ。しかしこの時の沈んだ石貨の素晴らしさや大きさが証人によって誓約されていたので、たとえそれが海の中にあろうが交換価値のあるものとして素朴に認められていたのである。購買力は維持されていた。

1871年にアメリカ人デービッド・オキーフが島に漂着した。彼は何とか香港に戻るとパラオ島に石を削る機械を持込み石貨を造ると、機帆船でヤップ島に持ち帰りコプラを買い大儲けをした。wikiによると王侯貴族のように振舞ったそうである。但し彼の石貨はあまり値打ちが無かった。何故ならば採取に苦労をしていないし、そうした物語がついていなかったからである。魂が入っているかどうかの違いなんだろう。

1899年になるとドイツがスペインからこの島を購入し、1901年にドイツ人が派遣されるとオキーフは島を出て行った。その後1903年にアメリカ人の人類学者ウィリアム・ヘンリー・ファーネスⅢ世がこの島に滞在しこうした記録を書き綴ったのである。

島内の道路網を整備しようとしたドイツ人がいくら島の人間に指図をしても全く働かない。そこでドイツ人は島にある石貨にペンキで☓印をつけ石貨をすべて没収した。没収したといっても印をつけただけだが、返して欲しければ働けと宣言すると島民は破産を恐れて一生懸命に働いたそうである。道路が出来ると石貨のペンキを消していった。そうして島民は資産の回復を祝ったのだった。

さて、これをくだらない話だと思うだろうか。あなたはヤップ島の人間は頭が弱いのだと思うだろうか。

1931年から33年にかけてフランス中央銀行はアメリカが金本位を放棄するのではないかと懸念していた。そこでフランスはNY連銀に頼んで連銀に預かってもらっている手持ちのドルを金(ゴールド)と交換してもらったのだ。そしてそのゴールドをNY連銀のフランス政府口座に移管してもらった。連銀では物理的にゴールドについたラベルを「連邦銀行」から「フランス中央銀行」に張り替えた。ちょうどドイツ人の官吏が石貨に☓印をつけたように。こうしてこのラベルの付け替えはアメリカから金が流出していると大騒ぎとなり1933年の金融恐慌の原因になったともいわれているのである。

こんな素敵な話は当然僕のオリジナルでは無い。ミルトン・フリードマンの「貨幣の悪戯」からである。


2011年のイブはこんなことを考えているんだな。僕は。

2011年12月16日金曜日

ユーロ問題111216


最近書かれたブログや記事等を見ていると12月9日のEU首脳会議の結果に対してポジティブな意見を持つ人もいらっしゃる。そうした人の根拠は、おおよそ①ECBによる期間3年の資金供給オペ、②ユーロ共同債発行の可能性の2つにあるようだ。

元々ユーロの「バズーカ砲」とは①の流動性供給処置に対して欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、フランス銀行(中銀)のノワイエ総裁が語ったものであって、欧州単一通貨ユーロ圏がIMFに拠出しようとしている2000億ユーロの話では無い。期間3年の低利の資金供給がユーロ圏の銀行に対してなされれば、「民間銀行の諸君もソブリン債券(国債)をどんどん買うことによって利鞘を充分に稼げるではないか」という話だろう。つまり銀行への資本注入ではなく、ゲルマン的に厳格な行動規範を持つECBに成り代わって国債を購入するスキームにも見えるわけだ。

しかしどうなのだろうか、FTも指摘していたが、今、ユーロの銀行は不良債権化しそうな国債のエクスポジャー(投資配分比率)をどんどん売却しているところである。財務状態の悪い国は長い償還期間の債券発行は困難であろうから満期償還による借り換えニーズに対しては短期の資金超調達に追われることになるだろう。それを民間銀行が繋いで時間稼ぎをしようということなのだろうか? これがノワイエ総裁のいう「バズーカ砲」なのだろうか。

②のユーロ共同債発行に関しても、具体的に触れられなかっただけで、来年6月に向けて継続協議というのが市場のコンセンサスだろう。要するに何も具体化はしていない。但しこれに関してよく解っていることは、共同債発行とは財政の統合を意味するものであって、問題のある諸国の中途半端な財政処置ではドイツ(メルケルではない)議会の了承は得られないということだろう。実績を見せて行く必要があるということだ。つまりは時間がかかる。その間にユーロ経済がボトムを打ち切り返すという可能性に関しては、いくら先のことはわからないにせよ、目先何かアクションを起こさねばならないほど至近距離にはないと私は考えている。

2011年12月13日火曜日

ユーロ問題111213


一週間程前にサンケイ・ビジネス・アイに「ドイツはどこで折れるのだろうか?」というコラムを書いたが、結果からいえばドイツほとんど折れなかったようだ。12月9日以降一時的にユーロが強含む展開もあったが、今では欧州金融機関によるレパトリ、つまり海外資産の売却もしくは融資の貸し剥がしであったと市場では見られている。今以上の欧州金融機関の逼迫は中南米やアジアでのさらなる資金供給の先細りを意味するだろう。ユーロの問題は世界経済の成長に大きく影を落とす。

そもそも今回のユーロ危機を解決する上で市場で期待されていたものは、1.中長期的にはユーロ共同債を視野に入れた財政統合。2.短期的には欧州中央銀行(ECB)によるほぼ無制限なソブリン債の買い支えだったのである。言い換えれば1は財政規律の再構築であり、2は市場流動性の供給であった。

しかし予想されていたように共同債発行に関しては触れられず(触れられないことが反対に発行の可能性を匂わせてしまった程だ)、ECBが市場での買い支え規模を拡大する見通しは断たれてしまった。これはつまり燃え盛る火は鎮火されることもなく見て見ないふりをしたまま、ユーロ最大の強国ドイツの理想論に流されたまま燃え続けることになってしまったのだろう。

今回はさらにもうひとつ大きなイッシューを生み出してしまった。これも予想されていたことではあるがイギリスの離反である。正確にいうとユーロ圏の財政規律を強化する新しい欧州連合(EU)条約を拒否した。ドイツとフランスはEU条約改正に頼らずに賛同する国家だけで別の条約を結ぶべく動いたが、13日のFTでは法的側面からこの条約の実効性について疑義が提示されている。この条約下では共同債の発行すら困難ではないかというのだ。

アメリカがそうであったように格付け機関による格下げは国家が対象である場合にはまだしも、ユーロの個別金融機関に広がりを見せるようならばその影響は軽視できまい。ユーロの困難は年越しである。市場はどこまで大人しくしていられるか、財政的に脆弱と見られる国家の債権、個別金融機関は投機筋の絶好のターゲットとなりかねないだろう。