2012年3月8日木曜日

国交省職員、妻とホテルに入る男性殴る

たまにはチョット変わった話も。

「国交省職員を傷害容疑で逮捕 妻とホテルに入る男性殴る」3月8日14:51【共同通信】
朝日新聞と産経新聞でほぼ同じ内容の記事があるので神奈川県警伊勢佐木警察署で貰ってきた記事だろう。引用する。

「神奈川県警伊勢佐木署は8日、妻の知人男性を殴ってけがをさせたとして傷害の疑いで、同県鎌倉市岡本、国土交通省関東地方整備局企画部技術企画官XXX(別に名前は必要ではないので消しておいた)容疑者(47)を逮捕した。逮捕容疑は昨年12月5日夜、横浜市中区のホテルのロビーで東京都北区の男性会社員(44)の顔や胸を殴り、肋骨骨折など1カ月のけがを負わせた疑い。同署によると、XX容疑者は外出した妻を尾行し、男性が妻と一緒にホテルに入るところを目撃して殴った。数日後に男性から被害届を受け捜査していた。」

この記事に対するTweet。トップ・ツィートだから大物のチキリンさんがトップにきていた。

これ以外に多くのTweetがあるが大体上記の種類に意見は収束されるだろう。

僕が言いたいのは、この国土交通省の男が、「浮気男を殴るべき」であるとか、殴られた男が「よく被害届を出せたものだな」とか加害者の勤め先が国交省ってわざわざ書く必要はないだろうってことじゃない。「よく被害届を出せたものだな?この間男が」とか色々な疑問があるのなら、もう一度ニュースの原文を良く見てみよう。ということだ。

先ずこの記事には「妻の知人男性」とだけ書いてある。特定の関係であるとは書いてない。

次に「12月5日夜、横浜市中区のホテルのロビー」と書いてある。 中区は横浜の中心街だ。みなとみらいは西区だが中区には中華街、山下公園、横浜ニューグランドホテルやバーやレストランのある古くからのホテルが多くある。ラブホも少しあるが普通派手に喧嘩できるようなロビーは無いと思料する。つまりだ。もしかしたら奥さんは知人男性とバーに行こうとしだけかもしれない。そうしたらロビー付近で旦那らしき男がいきなり殴ってきた。仮にもしそうだとすると、この被害男性が被害届を出したことは納得がいくではないか。

事実はどうなのかこの記事だけではサッパリわからない。だけど何となくしっくりこない。しかしヘッドラインは「妻とホテルに入る男性殴る」となっていて、人目を忍ぶ人妻があたかもラブホに入るような記述である。そして逆上した旦那がおいかけて殴る蹴る。そしてその記事を見た読者が興奮してコメントを垂れ流す。

どうなんだろうね。

たまには自分の頭で考えよう。じゃーね。

これを言ってみたかっただけ。

0 件のコメント: