2012年9月30日日曜日

第4章4話 金本位制度2

投資家のための金融史から
バックナンバーはこちら

フジサンケイ・ビジネスアイ9月29日号より WEB版にチャートがないためブログにエントリーしておきます。

第4章4話 金本位制度2

 国際通貨会議と先進各国の追随

 1867年は、日本では慶応2年にあたる。大政奉還があり、年末には坂本龍馬が暗殺された年である。この年は西洋史もあわただしかった。スエズ運河が開通し、パリでは万国博覧会が開催され、日本からは薩摩藩が出品し、幕府からは渋沢栄一が渡仏している。そのパリでは欧州20カ国とアメリカが集まって国際通貨会議が開催された。そんなころから通貨会議は開催されていたのである。

 この国際会議では世界的な通貨同盟への支持が表明された。通貨制度の差から発生する為替リスクや取引コストが、自由貿易を阻害すると考えられていたからである。経済面での理念は現代のユーロに近い。

 ナポレオン戦争後の各国の復興資金は、ロンドン市場でポンド建て各国公債として調達された。また国際貿易においても金兌換が保証されたポンドを介在させることが多かった(調達されたポンドは決済用にそのままロンドンの銀行口座に残されることが多かった)。ロンドンは国際金融市場の中心として繁栄していたのである。特にイギリス国債のコンソル公債は現代でいうリスク・フリー・レートに相当し、当時は一番安全な貸出先で一番低い金利だった。

 このころの金銀比価相場は、当時金銀複本位制をとるフランスの定めた比率1対15.5で安定していた。各国はイギリスの繁栄を横目に金本位制導入を模索したが、本位通貨である金を入手するための財政処置が必要だった。

普仏戦争(1870~71年)がきっかけとなった。ドイツはフランスからの賠償金を金で受け取り、1871年に金本位制に移行した。これをきっかけにスカンディナビア諸国は72年に北欧経済会議を経て順次金本位制へ移行し、フランスもイタリア、ベルギー、スイスと一緒に1878年に金本位制へ移行したのである。

各国は紙幣と金との兌換準備のために銀を売り、金を買った。その様子は、じわじわと上昇する金銀比価のチャートに見ることができる。1890年代の30を超える水準は最後の大国アメリカの金本位制への移行の軌跡である。(19世紀末には南アフリカで金が産出され金銀比価はようやく落ち着くことになる。)
金銀比価=金価格÷銀価格

各国が金本位制を採用しても安定した制度運用というのはなかなか困難だった。

イタリア、スペイン、ギリシャ、ポルトガルなど(ユーロ問題でもおなじみの名前だが)は、戦争や通常歳費の浪費による国債発行残高の増加により、途中で金本位制を停止している。しかし各国は貿易取引のメリットから、それぞれ金本位制への復帰をめざした。

第一次世界大戦が勃発すると、各国は大量の戦費調達のために国債を発行し、調達した資金を軍事費に使用して通貨発行量を増やした。もはや紙幣と金との兌換は維持できなくなったのだ。

日本は1897年に、日清戦争での賠償金をもとに金本位制を採用した。その後の日露戦争の戦費調達のための外債発行は、金本位制を採用していなければ不可能だった。ポーツマス会議でロシアから賠償金を取れなかった日本はその後も兌換用の金準備の維持で苦労したが、地理的に戦禍に巻き込まれなかった第一次世界大戦の特需によって輸出が伸び、正貨である外貨を調達することができた。

しかし世界が金兌換を停止している中で一国だけ開放することはできない。日本も第一次世界大戦中に円の金兌換を停止したが、大戦後は関東大震災を経て金本位制復帰へのタイミングが遅れ、後の濱口雄幸、井上準之助の金解禁と高橋是清による金兌換停止へと連なっていくのである。


0 件のコメント: