2012年10月16日火曜日

チャップリンと菊池寛と無声映画


今朝のビジネスアイに連載中の【投資家のための金融史】は45話目で「1929年の大暴落」の話でした。

ビジネスアイ【投資家のための金融史】大暴落とチャプリンの「街の灯」

今回は大暴落を1500字前後でどう書けばよいのか相当に悩みました。何冊か本を読みなおしたりして書くのに相当時間がかかりましたが、アウトプットの分量はリンクにあるとおりです。今なら大暴落に関する大抵の質問には答えられると思いますが、文章では表現しきれませんでした。それでも今朝印刷されたビジネスアイを見ると1600字を超えてしまっているので編集の方には紙面の配分でかなり無理をして頂いているのがよくわかります。

昨年のヒット映画にミッシェル・アザナヴィシウス監督の「アーティスト」があります。映画界が無声映画からトーキーに移行していく時代に、それについて行けないスターの苦悩とそれにまつわるロマンスをテーマにした映画です。稀に見る「後味」の良い映画ですので是非ご覧ください。

チャップリンは当初音付きの映画を否定しました。こんな子ども騙しなものは芸術では無いと考えたのです。確かに黎明期の映画の音響はひどいものだったそうです。それでも世の中がすべからくトーキーに変わる中、「街の灯」はあえて無声を選びました。実際にはセリフが音声で無いだけで音響の機能は使っています。チャップリンはドイツでの試写会はアインシュタインと見ています。仲が良かったのですね。

日本でも菊池寛が同じ年の1929年6月(昭和4年)に「発声映画時代」というエッセイをサンデー毎日に書いています。

「トーキーといふものは、1つの新しい発明として確かに驚くべきもので、一度は見ておいてもいいものだらう。しかし、今、日本に来初めているアメリカ物のトーキーが将来の映画界を支配するものとは思はれない」

菊池寛はトーキーはトーキーで無声映画は無声映画で別物の芸術として両者発展していくのではないかと考えていたようです。さらに彼はトーキーは金がかかるそうだから、資本の貧弱な日本では無理だろうと感想を述べています。当時の日本の経済的立ち位置の縮図ですね。

トーキーに否定的だったのはチャップリンが特別だったわけでは無いのです。

0 件のコメント: