2012年12月25日火曜日

週刊「ダイヤモンド」ベスト経済書


いかにも自慢気で少々気恥ずかしいのだけれど、多分人生にもう一度は無いことだと思うので記念としてブログに記録しておきます。

拙著「日露戦争、資金調達の戦い-高橋是清と欧米バンカー達」が週刊「ダイヤモンド」2012年、「ベスト経済書」の第9位に選出されました。経済学者、経営学者、エコノミスト139人の投票だそうです。誇りに思います。

リンク
年末年始に読みたい経済学者・経営学者・エコノミスト139人が選んだ2012年の『ベスト経済書』

それで、次はどうしたとよく聞かれます。
現在は「投資家のための金融史」を完結することに力を入れています。

最初にこれを企画した時にはもう少し楽だと考えていました。これまで読んできた本の「おさらい」をしながら書き進めようと考えていたのです。でも、読むのと書くのでは大違い。結局物凄い量の本を読み直すことになっています。

また途中でいくつか経済史的なレポートの仕事を頂戴して、またまた勉強をしている感じです。年初には少し長めの読み物が経済誌に掲載されると思います。

というような理由で、今夜はクリスマス・イブだったけれど、ウィルキンソンのソーダ水を飲みながら、1978年発売の相場格言集「株式実戦訓」田中穣著をパラパラとめくっています。第3章の題名は「酔歩理論のウソとマコト」、ランダム・ウォークってこんなふうに書いていたんですかね?面白い本ですよ。多分これに関しては何も書かないと思いますけれど。

ハッピー・ホリディ。

Porco

追記
2012年経済書 エコノミスト7人「お薦めの1冊」 日本経済新聞電子版
同志社大学教授の鹿野嘉昭さんが推薦してくれています。


1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

おめでとうございます。

こっそりいつも拝読させて頂いております。

             by 紅天女