2013年2月21日木曜日

飛ばし


おはようございます。「投資家のための金融史」の出版に向けての見直しは50/72話(30年代の大暴落あたり)まで進んでいます。後もう少しなのですが、実は書くときも50話までは何らの迷いもなくエピソードを決めて、ただひたすら書いていたのですが、このあたりからが大変だったのです。

ドイツのハイパーインフレの話は挿入すべきなのか? 日本の昭和金融恐慌と昭和恐慌はどう扱うか? 金本位制崩壊と不況レジームの話はこれが教科書であればマストですが、「投資家のための」であれば必要なのかどうか? 高橋是清の是清レシピはどうするか? 英国の金本位復活をめぐるケインズとチャーチルのやりとりは? 1933年のロンドン会議(個人的には一番興味がある)はどうするか? フリードマンとアンナ・シュワルツの大恐慌に対するマネタリスト的分析はどうするのか? リフレ派の好きなアイケングリーン=サックスはどうか?
 
実は上に列挙したアイテムはどれも金融史の中には書きませんでした。戦前の株価指数と為替だけを説明して、話は第2次世界大戦に飛んでしまっています。ロンド・キャメロンの「概説世界経済史」を見なおしてもこのあたりの記述は実にあっさりとしたもの。大事なことはアウタルキー(自立経済圏、ナチスが目指して、日本も南洋の石油を取り込むことで目指した)とファシズムの成立?

実は皮肉なことに、この部分を書き終えてから、週刊「エコノミスト」にハイパーインフレの話を書いたし、ビジネスアイのコラムで是清レシピについて書いたのでコンテンツは揃っています。ただ問題はこうしたアイテムを挿入すると全体が長くなってしまいそうなことだけです。

締め切りまであと8日、今日は岡崎哲二教授の「コアテキスト経済史」と「江戸の市場経済 歴史制度分析からみた株仲間」が届く予定です。「制度派」です。そういえば岡崎さんの「経済史の教訓」は面白かったですね。また、高槻泰郎氏の「近世米市場の形成と展開-幕府司法と堂島米会所の発展」も届きます。ということで少なくとも2日間は新しい読書で潰れそうです。

切羽詰まって開き直っている感じですかね。
 
Porco
 
PS 田中周紀氏の「飛ばし 日本企業と外資系金融の共謀 (光文社新書) 」2013年1月20日刊 を頂戴しました。何をいまさら飛ばしの話なの?と思うかもしれませんが、ズバリ! オリンパス事件があったからです。山一、ヤクルト、オリンパスと非常に細かくスキームの分析がなされた本格派です。興味のある人には是非お薦めです。東方の方とか。
 
 

0 件のコメント: