2013年7月29日月曜日

映画『風立ちぬ』を見て


僕は小さい頃から戦闘機や軍艦が好きで、それは多分僕らの年代では漫画「ゼロ戦はやと」や「ゼロ戦レッド」、「紫電改のタカ」などという戦記物の漫画が流行りで、当時の月刊誌やサンデーやマガジンそれにキングなど週刊誌も表紙が戦艦「長門」だったり、海軍局地戦闘機「雷電」だったりして、第2次世界大戦の戦記や兵器の詳細は友達と共有できる重要な情報だったのだ。今のガジェットにやたらと詳しい奴とおんなじだ。その習癖は大人になっても残り、海外にいた時にも大量の戦闘機や軍艦の図鑑を収集するはめになった。

それにプラモデルが全盛期で、飛行機ならば72分の1スケール、これは日模田宮長谷川青島などの国産キット・メーカーに限らず、アメリカ製のレヴェル社(これはあまり高品質では無かった)、イギリスのエアフィックス社などもあった。さらに32分の1スケールになるとアメリカ製のモノグラム(現レヴェル社)やホークというメーカーがありこの2社は精密で高価でバリも無くプラモデルのロールス・ロイスのような存在だった。

おかげ様で今ではシルエットを見るだけで戦闘機の型番や軍艦の活動時期(改造型)も言えるほどになっている。もちろん何の役にも立ちはしないけれど。従ってジブリの「風立ちぬ」のポスターを見た時は、背後に書かれた飛行機はその逆ガル・ウィングから、96艦戦か99艦爆のデフォルメかと言う印象を持ったのだが、果たして96艦戦の基となった海軍の九試単座戦闘機1号機と聞いて納得したものだった。

映画は行く前にいくつかの感想ブログを拝見していた。特に堀越が特別な階級の人間であって、「美だけを追求するエリートで薄情な男」という講評は映画を見ている間も頭を離れなかった。戦前の三菱航空機の技師であれば確かに裕福だったであろう。また課長宅に離れがあったが、多分お手伝いさんもいたのだろうと思う。当時の大企業の課長職の収入は平社員の約10倍だった。残業代をケチる為に管理職にしてしまおうなんていう現代とはわけが違うのだ。したがって何かめでたいことがあった時や、年末の忘年会なんかは課長の家でやったりしたものだったそうだ。街には仕出し屋がたくさんあっって、法事だけではなく、こうした自宅での小宴会の料理にも対応していたのだ。

と、話は全然関係の無いほうに行ってしまったが、アプト式電気機関車や寝台車、バスに自動車、果てはユンカースのG38まで登場してノスタルジーをバラ撒いてはくれたものの、なんだかあんまり面白く無かった。「紅の豚」の持っていた興奮やロマンを感じなかったのだ。紅の豚の飛行艇は機関銃を搭載していた、ライバルの競技用のカーチスの飛行艇までも実は機関銃を搭載して、実弾で撃ちあっていたのだ。当たらない(人を傷つけない)のだけれどね。

今回は、そう、少女漫画みたいだった。もちろん少女漫画を好きな人もいるだろうし、僕も山岸凉子さんの『舞姫 1―テレプシコーラ (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ) 』は大好きなんだが。。。

僕もロマンスのシーンだけは悔しいかな散々にハンカチを使わされたけれど、昭和30年代のエセ軍国少年には「飛行機へのロマン」が少々物足りなかったのだ。ごめんね。

0 件のコメント: