2013年10月31日木曜日

『地ひらくー石原莞爾と昭和の夢』


地ひらく〈上〉―石原莞爾と昭和の夢 (文春文庫) 』福田和也 文春文庫 上下

石原莞爾の『最終戦争論』は中公文庫で読んだが、満州事変の作戦行動そのものと、最後は彼の本来の意図を離れた大陸政策が太平洋戦争までに至ると伝えられる経緯を把握するために、彼の伝記かあるいは彼を分析した本を読もうと考えて選択した1冊。

結論から書いてしまえば凄い本だと思う。石原莞爾を書くためにその環境となる時代を描いているうちに、いつのまにか主客が転倒してしまい、本格的な「満州事変から太平洋戦争までを描いた歴史書」(著者は15年戦争という呼び方を嫌う)になってしまったのではないかと思う。

決めつけや登場人物の感じ方に対して強引さを感じるところもあるが、これだけの調べ物をこなしているところはまさに圧倒されてしまう。読破することが大変だったが、読後の充実感に後悔は無い。

石原莞爾は満州事変において前線派遣部隊の「独断専行」というまさに日本を太平洋戦争へと導いていく直接的な原因となる陸軍の性癖をつくってしまった。日中戦争勃発時に参謀本部作戦部長として戦火拡大を阻止しようと現地参謀を戒めた際に、「我々は満州事変時の閣下に習っているだけです」と哄笑されてしまうのであった。

しかし、石原はどれだけの影響力を時代に対して行使できたのだろうか。対米戦の起源として扱われる、総力戦のバッファ(戦争が戦争を養うと意味での)としての満州の存在とその確保という考えかたは、結局は少しだけ形を変え後輩の参謀本部系のエリート将校達によって受け継がれただけなのではないだろうか。言い換えれば違いがわかりにくかった。後に五族協和に石原が変身(変身したとは記述されていないが)しただけの話ではないのだろうか。要するに石原は喧伝されるほどの人物だったのだろうか?というのがこの本を読んでの私の素直な感想である。

それよりも著者は意識して経済的な側面も盛り込んだようだが、この時代の記述にしては物足りなさを感じてしまうのは、やはりこの本を石原の伝記としてではなく一般の歴史書として読み取ってしまったからだろうか。ごたごたと書いたがお奨めの一冊である。ただし手ごわいと思う。









0 件のコメント: