2013年11月28日木曜日

PEACEMAKERS MACMILLAN


マーガレット・マクミランの『ピースメイカーズ〈上〉―1919年パリ講話会議の群像  上下』を読んだ。原著"Peace Makers-Six Months That Changes The World"は2002年の英国ノンフィクションの最高の賞といわれるサミュエル・ジョンソン賞を受賞している。品質は折り紙付きと言えるだろう。

さて、ピースメーカーズとは第1次世界大戦の決着をつけるパリ講和会議に結集した五大国である米英仏伊日の代表者達の話なのだが、残念ながら日本代表は自国の利権以外にはあまりかかわらず、従って戦乱の欧州と距離のあった我が国はあまり発言する機会がなかった。そこでいつしか会議に呼ばれなくなり4カ国となるも、イタリア代表もあまり英語を解せず次第に阻害されていく。ジョークがわからないのだ。最後は米国ウィルソン大統領、英国ロイド・ジョージ首相、仏国クレマンソー首相の三名で戦後の欧州や中近東、バルカン半島などの国境線が確定されていくことになったのである。民族や宗教の塊を不自然に切り離していった。またフランスによる執拗な懲罰はドイツの底深い恨みを買うことになった。彼らは果たして本当にピースメーカーズだったのだろうか?

読後の感想は一言「疲れた」。上下650ページほどだが近来希にみる疲労感。文章がどうのでは無く、内容自体が人を疲れさすのだ。誤解に自信過剰。そのくせに面白いのでやめられない。途中で気になる箇所が増えたので原書も購入。翻訳は丁寧にされていることもわかった。

トルコ代表のイスメスト・イメニュ。彼がお酒を飲んでいるシーン。下巻229ページ。
「夕方、トルコ人イスメストは緑色のシャルトルーズ酒を飲んでくつろいでいた。愚かにもアメリカ人の一人が彼に近づき、何を勘違いしたか生涯酒を飲まないと誓ったのである」

シャルトルーズはブランデーに何種類も薬草を足して再蒸留を繰り返した甘ったるいリキュール。アメリカ人やイギリス人、日本人もカクテルの材料以外では直接飲んだりしないが、欧州ではグランマエや甘ったるいリキュールは食後酒としてそのままちびちびと飲む人が多い。しかしこの翻訳では意味がわからない。

原文Paperback版464Page、
"In the evening the Turk took solace in his favourite green chartreuse;one of Americans who unwisely joined him swore off the drink for life."

これは真珠湾攻撃時の在日米国大使ジョセフ・C・グルーの自伝からの引用だ。彼も若手外交官として参加していた。残念ながらこっちの原文も意味がよくわからない。若いアメリカ人はお茶と間違えたような気もするが。

よく見ると日本語訳の方には後に「酒を飲んでいるとは思わなかったのだ」と補足をたしこんでくれている。良い翻訳だと思うがそれでも意味がよくわからない。なるほど、外国人との意思疎通はいかに困難であるか、外国人とは一体誰なのか、居住する地域なのか宗教か言語か?も含めてこの本は示唆するものが多い。すすめたいところだが読むのは大変だと思う。日本人にはね。

日本はこの時「Racial Equality」を平和の条文に入れようとしてウィルソン大統領に却下されている。知っていました? 南部出身のウィルソン大統領としては「黒人の召使達との良い思い出はたくさんもっていたが、だからといって同じ人間だとは思っていなかった」、「君らは五大国のひとつとしてこうして会議に出席できているのだからもう十分ではないか」、西海岸では日本人移民を排斥しようとしていた頃、こんな文言を入れては自国の選挙で勝てなくなってしまう。これはカナダ、オーストラリア代表も同じこと。




0 件のコメント: