2013年12月10日火曜日

里芋とするめイカの葛煮


銀座五丁目の小料理屋「魚がし料理佃喜知」の主人は今は既に無い銀座の超老舗割烹「出井」で修行していたと聞くが、ここのちょっとした小料理は大衆的な店のつくりにかかわらず抜群に美味しい(最近は行ってないけれど)。

特に僕が好きなのは、里芋とするめイカの葛煮で、出汁に醤油と砂糖とみりんと酒で煮る、なんてことは為さそうな料理なのだが、いざ自分で作るとなると里芋を剥いたりイカを皮むきしてばらしたりと面倒臭いし、イカが硬くなったりとなかなか簡単なものじゃない。そうは問屋がおろさない。

でもこの時期は山形で芋煮会に供するそうだが、たまに皮むきした里芋が関東地方の八百屋にも流れてくる。そうなると僕の飲み助の血が騒ぐというか件の里芋とイカの葛煮をむしょうに作りたくなってしまうのだ。結局芋を全部使うので量が多すぎていつも余って捨てることになるのだけれども。

煮物のレシピはネットにたくさん出ているのであとは汁を煮詰めて葛で粘りを出すだけ。今は週末に作ったこれの余りを青森の田酒のお燗で一杯やっている。

イカとお燗。八代亜紀の「舟歌」では肴は炙ったイカだけれども、北海道の増毛で倍賞千恵子のやっている小料理屋はイカの煮付けだった。高倉健と降旗監督の「駅 Station」を観たくなってきたが終わりが午前0時をまわりそうなので止めておく。少し大人になった自分がいるということでいいのかな? 違うか。



0 件のコメント: