2013年12月29日日曜日

週刊「ダイヤモンド」2013年ベスト経済書

週刊「ダイヤモンド」2013年ベスト経済書

拙著『金融の世界史―バブルと戦争と株式市場』が第20位にランクインしました。たいしたことないと言えばたいしたことはないのですが、では今から僕が本を出版したとして、ランクイン以前にその本が世間(プロのエコノミストや経済学者)から「経済書」として認めてもらえるかどうかというのは、自慢じゃありませんがあまり自信がありません。

私も週刊「エコノミスト」や「金融財政事情」に経済書の書評を書くために毎月新刊書をチェックしているのでわかりますが、このジャンルは本当に激戦区で毎月目につくだけでも数十冊の本が出版されています。

今回20位で素直に大変うれしかったのですが、それよりも、そういえば去年の『日露戦争、資金調達の戦い』は9位だったことにあらためて驚いてしまいました。去年はその価値が自分でよくわかっていなかったのだろうと思います。

『金融の世界史』は月1でコラムを書いている日刊『ビジネスアイ』に昨年7月から連載された『投資家のための金融史』を書籍化したものです。

『日露戦争、資金調達の戦い』を書いた後、関係者や読者から、それ以降、つまり日中戦争から第2次世界大戦についても財務面をテーマに本を書いてくれとリクエストが多く寄せられました。しかし準備に相当の時間が必要なことと、以前から金融を中心にしたカジュアルな通史を書いてみたかったこともあって『投資家のための金融史』を先に書き始めたわけです。

これを書いているときは、実は一般の投資家目線というよりも昔僕が、日興証券で機関投資家向け営業課長をしていた頃の部下達のことを想像しながら書きました。つまり一般の投資家向けというのではなくて、営業カウンターのこちら側、いうなればプロのファンドマネージャーと営業で対峙するための基礎知識の伝授という観点から書いたものです。有価証券を販売して手数料を頂戴する以上、このくらいは知っておいて欲しいというレベル。従ってあまり簡単な内容ではない部分もあるのです。戦前の投信の根拠法なんか別に一般の投資家が知る必要もありませんからね。

アマゾンにはあまりよい書評が出ていませんが、この本は逆に玄人筋から評価を受けていて(僕がそう思っているだけかもしれませんが)、書評が掲載されたメディアも、僕が気がついただけでも日経新聞、日経ヴェリタス、朝日新聞、週刊エコノミスト、週刊東洋経済、週刊金融財政事情、クーリエ・ジャポンといった感じなのです。その他にもWEBで読めるものに、HONZきんざいデジマガモーニングスター年末年始に読むべき6冊竹松俊一のランダム・ウォーカーやまもといちろうブログがあります。

さて、一般の投資家とかプロのファンドマネージャーとか書きましたが、日露戦争の本を書いている頃からTwitterを通じて個人株式投資家の方たちと交流するようになりました。新潮社のオフィシャル書評を書いていただいた藤野さんともその頃Twitterで知り合いました。東京、大阪のTwitter仲間と飲みにいったりもしています。一般の株式投資家の知識レベルはもちろんピンきりなのですが、最近は別にプロのファンドマネージャーとあまり変わらない、あるいは高みのレベルの人もたくさんいるんですね。そういうこともあって、この本を書くときのレベル設定を日興時代の優秀だった可愛い営業マン達においたのです。それよりも簡単なものを書く意味をあまり感じませんでした。それで題名は『投資家のための金融史』としたのです。言い換えれば僕の知り合いの投資家のための金融史。

昨年の12月ぐらいから新潮社の方から選書で出版しないかというお話を頂戴して、今度はターゲット読者層の普遍性から「賢い高校生」がわかるくらいのレベルがいいんじゃないかということになって、随分書きなおしました。正直言って、僕が賢い高校生では無かったので賢い高校生のレベルがわかりずらかったこともあり。。。今更ガタガタ言っても印刷物である本という結果になってしまっているので言い訳無用ですね。

もし将来に機会があれば、書き直したいところもあるし、リーマン・ショック周辺の追加などもやっていきたいと思っています。それまで書店の本棚に並べてくれていれば良いのですが。



追伸:朝日新聞 萱野稔人 書評委員が選ぶ「今年の3点


0 件のコメント: