2014年1月28日火曜日

永井一郎さんの出演作品群を見ていると


亡くなられた永井一郎さんの出演作品群を見ていると、つくづく人生って積み重ねだなと思わされる。

野球の選手ならヒット一本一本、学校の先生なら卒業生一人一人。でもそういったわかりやすい履歴もあれば表現しにくいものだってあるよね。控えの捕手で15年とかプレーしていると驚くほど打席数が少ない。何してたの?ときかれればバックアップってことだし、でも他球団から結構評価されていたりする。12球団しかなくて毎度試合に出れるのは1人だからね。人生の表現は様々だってことだ。

サラリーマンの履歴は表現しにくい。1992年課長、1997年副部長とか。これが高級官僚だと課長でもそれは日本国のその係を指し示していて迫力があるんだけれども、なんとかデリバティブ部副部長とか何とか開発課長とかもう既に跡形もない部署、ましてや金融業だと国内、外資問わず会社ごとなくっていたりするからね。講演会用の僕自身の略歴を頼まれて書いていると、これまで講演した人たちと比べて何と薄っぺらい経歴かと少し寂しい思いもしていたのだが、でも、こういうのを気にすることを後ろ向きの人生っていうのだろうね。こうした履歴達は紛れも無く今の僕に連綿と繋がっているのだから。

目標にしている人がいて、この人は物凄い勢いで本を読み、書評を書く。僕はその書評を読み、追いかけるように同じ本を購入して読むようにしている。でも、同じジャンルで仕事をしているわけではなく、僕は僕の都合でも大量の本を読まなければいけないので、どんどん未読の本がたまっていく。

でもひとつだけ僕には有利な点がある。それは年齢差だ。もちろん僕は既に充分ジジイなんだけれど、1年に150冊読めるとすれば、10年で1500冊になる。1500冊読了し、10年間色々なことを経験した後の僕ならきっと今のその人には勝てる。最近はそう思っている。10年後のその人には勝てないかもしれないけれどね。もっとも何をもって勝ちとするかは今後の人生の課題だね。


0 件のコメント: