2014年7月27日日曜日

『金融の世界史』の中国語版の出版が決定


拙著『金融の世界史』の中国語版の出版が決定しました。机械工業出版社(China Machine Press)から発刊の運びとなります。この会社は中国では一番大きな出版社なのだそうでラインハート・ロゴフの『This Time is Different:国家は破綻する─金融危機の800年』などもここから発刊されているのだそうです。一定量売れたら是非上海で講演会などのプロモーションも企画しましょうというご提案で、なかなか楽しみなことです。

次回作はようやく書き始めました。年末には書き終えたいと思っています。次回作の調査のためだけに読んだ本がちょうど大きめの本棚1本に達しました。昨日もネットでようやく見つけた1冊を求めて神保町の古本屋さんに。暑いのでクルマで行ったらマニアックな店なので開店がなんと12時。待たされて駐車代は結局2時間で2,400円もしてしまいました。おかげで久しぶりに神保町ランチョンでメンチカツが食べられたのでよしとしましょう。

でも良い本なのに、誰が行くんだ?というような古本屋さんの棚に人知れず静かに眠っているような本があるものなのですね。

HMS Dreadnought
因みに本は『シーパワーの世界史② 蒸気力海軍の発達』青木栄一(出版協同社)。Amazonでは古本が1万円で1冊だけ出ています。原書では"Naval Warefare 1815-1914", by Lawrence Sondhaus, ROUTLEDGEが同じ時代区分をカバーしています。読み易い本です。

戦列艦が戦艦に進化する過程を詳細に調べていたのですが、別件で海軍兵学校なるものの開校は日本も含めて先進国ではイギリスが一番遅いことに気が付きました。これはもちろん古い伝統のためです。そして一方でアメリカが兵学校にせよ海軍大学にせよ、あるいは様々な教育システムという面では昔から一番開明的だということが印象に残りました。同一性の低い多様な人種の混ざり合いが教育の制度化を促進したのでしょうね。


0 件のコメント: