2014年8月31日日曜日

めぐり逢わせのお弁当





ダッバーワーラーをご存じだろうか? これはインドのムンバイに現存する弁当配達サービスである。ビッグ・ビジネスである。英国植民地下のオフィスワーカーであったインド人は植民地事務所の提供する昼食をヒンドゥーやイスラムなど宗教上の禁忌からそのまま食べることができなかった。また低いカーストの人間が調理した食事も食べられなかった。そのために各家庭から昼食を配達するビジネスが発達したのだそうだ。毎日175,000個の弁当が各家庭から集められ、それぞれの勤務先に配達される。配達ミスは600万回に1度しかないという正確さで、ハーバード大でも研究対象とされ英国王室も見学にきたという100年も続くすごいシステムである。日本人からすれば弁当なぞ朝持っていけばよいじゃないかとも思えるが、、旦那の出勤後に奥様がしっかりとカレーを調理しているのである。

アナ雪以来久しぶりに映画を見た。それが上記のダッバーワーラーにまつわるインド映画「めぐり逢わせのお弁当」である。

まだ小学校低学年の子供がいる若妻。彼女の作ったお弁当が600万分の1の確率を乗り越えてご主人ではない人に配達された。配達された人は保険会社の査定人。1等車の定期で通勤する、多分インドでは一流の定年間際のサラリーマン。妻には先立たれて一人暮らし。死んだら妻の横に埋葬してくれるようにお願いしたら、ムンバイでは土地が少ないので縦に埋葬してはどうかと提案される。少し前までムンバイでも1等車ならば座れたが最近は立ったままがふえたのだそうで、死んだあとぐらいは横になりたいと切実である。

若妻のご主人は浮気をしてかまってくれない、2人は配達の間違いを放置してお弁当に手紙を忍ばせ文通を始めた。最初は他愛のない会話だったが2人はお互いを見たこともないのに次第に恋におちていくのだった。

初めて会う約束の日の朝、ネクタイを締めそり残しの髭にカミソリをあてると、バスルームに昔おじいさんが入浴した時のにおいがした。おじいさんがいるわけもなく、それはまぎれもなく初老の彼自身のにおいだった。また出かけの電車の中では親切な若者から席を譲られてしまう。

そして定年間際の初老の男はこう言うのだ。
「はずれだとわかった宝くじを買う人はいない」

彼と若妻がその後どうなったかはお楽しみだからここには書かない。
しかし2人の文通の中にブータンは世界で一番幸せな国だとか、そこへいけばルピーは5倍の価値を持つから引退後は行きたいとか、まるで今の日本の僕らと変わりない。この映画は文化の違いを乗り超えて世界中で違和感なく受け入れられるのではないかと思う。メールではなく手紙が媒体なのも興味深いし、演出が繊細で演技の間が素晴らしい。お約束の歌と踊りは今回はないが。間違いなくおすすめの恋愛映画である。


2014年8月12日火曜日

ロビン・ウィリアムズさん死去


アメリカの俳優ロビン・ウィリアムズが亡くなられた由。

米俳優のロビン・ウィリアムズさんが死去、自殺か-警察当局

僕は彼の映画が好きで、もちろんマット・ディモンと共演した「グッドウィル・ハンティング」はとても好きなのだけれど、実は"The Best of Times(1986)"という、さして売れなかった映画が一番好きで今でもビデオを持っている。昔ニュージャージーのショッピングモールで買った分なので字幕はない。


婿養子(みたいなもの)に入ったバンカーのジャック(ロビン)は13年前にタフツというアメリカの片田舎の高校のワイドレシーバーだった。ところが因縁のライバルであるベーカーズフィールド高校とのゲーム、当時の仲間である花形QBレノ(カート・ラッセル)が最後の最後に投げた完璧な起死回生のロングパスをお手玉してしまったのだ。そのためにゲームに勝てなかった(引き分け)ことがずっとトラウマになっていた。またお手玉のために大学のスカウトを逃したレノも彼をずっと恨んでいる。

義理の父(ドナルド・モファット)はなんとそのベーカーズフィールド高校のOBでスポンサー、毎日職場で一緒になるが会うたびに毎回毎回その時のお手玉の真似をしてからかう始末。ジャックは昔に戻って過去を修正し人生をやり直したいと考える。

そして何とか開催にこぎつけた13年ぶりの再試合、引き分けの決着をつけるのだ。タフツもベーカーズフィールドも街をあげての応援。そしてゲームの最後の最後に13年前と全く同じシチュエーションが再現、投げられたロングパスが何とかジャックの指先にかかるが。。。。。

小さい街なので顔なじみの売春婦のところに行って、クレジット・カードを渡す。やけくそになってイラだっていたのでカードの審査の間に服をすべて脱いでしまうが、審査でNOが出て追い出されたり、細かい笑いのポイントが多い映画だった。週末に追悼の意味でもう一度見てみるつもり。

The Best of Times 


2014年8月6日水曜日

【ビジネスアイコラム】シンプルな指標で見ると…米株は割高か?


【ビジネスアイコラム】シンプルな指標で見ると…米株は割高か?
2014.8.6

 モルガン・スタンレー証券の著名ストラテジストであった故バートン・ビッグス氏は文章がうまいことで有名だった。退社後にヘッジファンドを始めた時には本を出版したが、その中に毎朝通勤電車の中で翌日の新聞を読めるブローカーのフィクションが登場した。これはその日の寄り前に株価の引け値がわかるという株屋にとっては夢のようなお話である。上がる株を買い、下がる株を売り引け前に反対売買すれば良いだけだ。だがもちろんそんな事は夢物語であって現実には起きるはずもない。それで昔から投資家達は何とか株価を予測しようと努力を積み重ねてきたわけである。

 ダウ・ジョーンズ株価指数を考案したチャールズ・ダウは株式市場のトレンドとその転換点を予測する「ダウ理論」をまとめあげた。ダウ理論は当時、市場を予測する高性能な指標としてもてはやされた。しかし1933年にアルフレッド・コウルズが「ダウ理論」を検証してみると、インデックス(SP500の前身)を年率で3.5%ほど下回っていることが分かってしまった。

 しかしそれでも「ダウ理論」はまだましな方で、当時の24種類におよぶその他のやり方ではインデックスを4%も下回ってしまったのだ。それでもコウルズはそのことを派手に宣伝したわけでもないので、ダウ理論の本は売れ続け、その他にも斬新なアイデアは続々と市場に登場しては消えていったのであった。

 しかしながらコウルズ以降80年代半ばまで、理論家の間では市場の上げ下げを予測することは一般的に無理だと考えられていた。最後にそうした考えを補強したのが株価は酔っぱらいの千鳥足のようにでたらめな動きをするという「ランダム・ウォーク理論」であった。



 市場を細かくは予測できなくとも長期の大勢を読む指標もある。ノーベル賞に輝くロバート・シラー教授は自身のHP上でデータを公開して株式市場の長期での割高割安を判断するCAPE指数(SP500指数のPER:利益/株価)を発表している。インフレ調整後の10年平均を用いて過去平均との間でその高安を判断するようになっている。

http://www.econ.yale.edu/~shiller/

 7月現在のCAPE(PER)は26倍もあり割高な水準だが、上下動はあるものの90年以降ずっと高い水準を示していて実は今後の予測には使いにくい。


 一方で、株式市場の大きさを測る「株式時価総額」を、経済規模を表す「GNP」で割ってその比率で市場の高安を判断するというシンプルな指標(MV/GNP)もある。こちらはウォーレン・バッフェトも参考にしていることで有名だが、リーマン・ショック時に80%だったこの指標も今では165%、ITバブル時の史上最高値180%超えに迫る勢いである。

http://www.bloomberg.com/

 最近ステファン・ジョーンズというアナリストが、このMV/GNPモデルに人口動態によるGNP値調整などの指標を組み込んで予想の精度をあげたというリポートが発表されて話題になった。その予測ではSP500は今後年率-10%のペースで低下して10年後にはなんと650ポイントにまで下落するのだそうだ(8月4日現在1938.99ポイント)。残念ながらこれが正しいのかどうかは10年後の新聞でも手に入らない限りわからないことだ。

(作家 板谷敏彦)