2014年8月6日水曜日

【ビジネスアイコラム】シンプルな指標で見ると…米株は割高か?


【ビジネスアイコラム】シンプルな指標で見ると…米株は割高か?
2014.8.6

 モルガン・スタンレー証券の著名ストラテジストであった故バートン・ビッグス氏は文章がうまいことで有名だった。退社後にヘッジファンドを始めた時には本を出版したが、その中に毎朝通勤電車の中で翌日の新聞を読めるブローカーのフィクションが登場した。これはその日の寄り前に株価の引け値がわかるという株屋にとっては夢のようなお話である。上がる株を買い、下がる株を売り引け前に反対売買すれば良いだけだ。だがもちろんそんな事は夢物語であって現実には起きるはずもない。それで昔から投資家達は何とか株価を予測しようと努力を積み重ねてきたわけである。

 ダウ・ジョーンズ株価指数を考案したチャールズ・ダウは株式市場のトレンドとその転換点を予測する「ダウ理論」をまとめあげた。ダウ理論は当時、市場を予測する高性能な指標としてもてはやされた。しかし1933年にアルフレッド・コウルズが「ダウ理論」を検証してみると、インデックス(SP500の前身)を年率で3.5%ほど下回っていることが分かってしまった。

 しかしそれでも「ダウ理論」はまだましな方で、当時の24種類におよぶその他のやり方ではインデックスを4%も下回ってしまったのだ。それでもコウルズはそのことを派手に宣伝したわけでもないので、ダウ理論の本は売れ続け、その他にも斬新なアイデアは続々と市場に登場しては消えていったのであった。

 しかしながらコウルズ以降80年代半ばまで、理論家の間では市場の上げ下げを予測することは一般的に無理だと考えられていた。最後にそうした考えを補強したのが株価は酔っぱらいの千鳥足のようにでたらめな動きをするという「ランダム・ウォーク理論」であった。



 市場を細かくは予測できなくとも長期の大勢を読む指標もある。ノーベル賞に輝くロバート・シラー教授は自身のHP上でデータを公開して株式市場の長期での割高割安を判断するCAPE指数(SP500指数のPER:利益/株価)を発表している。インフレ調整後の10年平均を用いて過去平均との間でその高安を判断するようになっている。

http://www.econ.yale.edu/~shiller/

 7月現在のCAPE(PER)は26倍もあり割高な水準だが、上下動はあるものの90年以降ずっと高い水準を示していて実は今後の予測には使いにくい。


 一方で、株式市場の大きさを測る「株式時価総額」を、経済規模を表す「GNP」で割ってその比率で市場の高安を判断するというシンプルな指標(MV/GNP)もある。こちらはウォーレン・バッフェトも参考にしていることで有名だが、リーマン・ショック時に80%だったこの指標も今では165%、ITバブル時の史上最高値180%超えに迫る勢いである。

http://www.bloomberg.com/

 最近ステファン・ジョーンズというアナリストが、このMV/GNPモデルに人口動態によるGNP値調整などの指標を組み込んで予想の精度をあげたというリポートが発表されて話題になった。その予測ではSP500は今後年率-10%のペースで低下して10年後にはなんと650ポイントにまで下落するのだそうだ(8月4日現在1938.99ポイント)。残念ながらこれが正しいのかどうかは10年後の新聞でも手に入らない限りわからないことだ。

(作家 板谷敏彦)


0 件のコメント: