2015年6月30日火曜日

『日本人のための第1次世界大戦史』第3回


週刊エコノミスト連載『日本人のための第1次世界大戦史』も今週で第3回目。蒸気機関と炸裂弾の話である。ちょっと解説しておこう。

帆船同士の最後の海戦はギリシャ独立戦争におけるナヴァリノの海戦(1827年)であるが、これは停泊した船同士の撃ち合いだったので、艦隊決戦としてはトラファルガー(1805年)を最後とした。この海戦とちょうど同じ頃にロバート・フルトンが蒸気船を実用化した(1807年)。

フルトンはオールバニーまでの航路を開拓すると、今度はすぐにブルックリンとの間のフェリー・サービスを始めた。この時の船着場が今は観光名所となっているフルトン・マーケットで、フルトン・ストリートの名前も今に残っているというわけだ。ブルックリン・ブリッジが完成する1883年までこのフェリー・サービスは続いた。

蒸気船は民間ではどんどん発達したが、海軍での採用は随分後になってからだった。これは容易に変更できない規範を重んじる軍隊の保守性と関係があるが、本文にあるように技術的な問題もあった。アヘン戦争で活躍した「ネメシス」もイギリス海軍の艦船につけられるHMS(Her Majesty's Ship)の接頭辞はもらえていない。日本の軍艦でいえば菊の御紋章を頂戴できない軍艦で、ベンガル海軍の軍籍だった。当初の蒸気船はずいぶんと格下に観られていたのだ。
帆船時代のイギリスとインドの交通はインド洋のモンスーンの関係で1年間に一往復できただけだったが、1869年にスエズ運河できて蒸気船だけが通行可能だったために片道3週間にまで一気に短縮された。

ウィスキーで有名な高速帆船のティー・クリッパー、カティサークの完成は皮肉なことにこの1869年。帆船はスエズ運河を通してもらえなかった。美しい船だが悲劇の船でもある。個人的にはグリニッジにカティ・サークを見に行った時には火災事故の後で修復中でみられなかのが心残りだ。
今でも歴史映画で誤解があるのが大砲の砲弾だ。砲弾は鉄の塊で、着弾したら爆発するようになったのはようやく19世紀の中頃である。時代劇でどかーんと爆発しているのは単なる誤解である。南北戦争を扱った映画『グローリー』では鉄の塊が兵列に打ち込まれて、ころがる砲弾に兵士達がどのような被害を受けたかがリアルに映像化されている。また帆船同士の海戦を描いた『マスター・アンド・コマンダー』も観ておきたい映画だ。

砲弾の進化の関連資料には入手困難なものが多い。『シーパワーの世界史2』青木栄一は限られた時間しか開店していない神保町のマニアックな店の本棚でみつけた。『ロイヤル・ネイヴィーとパクス・ブリタニカ』田所昌幸はアカデミックな論文集だが海軍砲の進化史が少しのっている。結局日本語の本では充分なものがみつからず、細かい問題はPeter Padfieldの『Gun at Sea』を入手してようやく解決した。実は大砲の進化には薩英戦争におけるアームストロング砲が大きく関係しているが、この話は後に出てくる。

2015年6月23日火曜日

『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門』読後感想文


リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門』、毎日新聞出版を読了。

これについてはさまざまなところで書評が出ているし、すでにベストセラ―になっているようだから、詳細は省くけれど、本書の「自ら筋道を立てて原理的に考察するための哲学的視座を提供することである」という目的は達せられていると思う。

例えば、集団的自衛権の是非が問われ、憲法学者の殆どが違憲だと主張したが、そもそも憲法9条を普通の日本語として読めば、これまでの、つまりは現状の憲法解釈でさえ違憲だということは子供でもわかる。というように原理的なことから物事を考えていこうとする思考の枠組みを与えてくれる本である。

最近読んだ三浦瑠璃の『日本に絶望している人のための政治入門』の視座に納得感があった。

さて、本としては工夫が見られて、冒頭はカントの「啓蒙」など、法哲学の基礎的な話題から入り、入口で読者の選別をわざと行っているように思う。難関を避け簡易につとめたとあり、その努力はよくわかるだけにこれは編集者が意図的に行ったのではないだろうか。読者は心配することなく読み進めば良い。案外読めるはず。

それと枝葉末節ばかりで恐縮だが、一番気になったのは、最後の最後の部分。



「私は、若いころ低血圧だったのに、グローバルな規模で不正がのさばっている現実に怒り、それに飲み込まれてゆく哲学の死に怒り、最近は高血圧化してしまって、降圧剤を飲み始めています。しかし、今の状況を見ていると、還暦すぎたからといって円くなっていられない。『怒りの法哲学者』として、角を立てて生きていきますよ。」

浅学ゆえの軽率の誹りを恐れずに指摘するならば、これはツッコミを待つボケにちがいない。でも残念ながら誰もツッコミを入れてくれそうもないので、毎朝軽い運動を習慣づけた方が良いだろう。

2015年6月20日土曜日

『日本人のための第1次世界大戦史』の連載第2回目


来週は週刊金融財政事情に「マーケットの風」という株式のマーケット・コラムを書いています。それに、まだ原稿を書き終えていませんがフジサンケイ・ビジネスアイにコラム。そして週刊エコノミストに『日本人のための第1次世界大戦史』の連載第2回目を書いています。

『日本人のための第1次世界大戦史』の第2回目から4回目までは初期の軍艦の歴史について触れています。時代的にはアヘン戦争と黒船来航からクリミア戦争でのシノップの海戦までです。

最初エコノミストの編集部と打ち合わせをした時に、第1次世界大戦の話なのにどうしてこんな古いところから話が始まるのかが大きな争点となりました。しかも読めば戦艦と鉄道の話ばっかり。

それは列強各国はやがて巨額の予算を戦艦建造につぎ込むことになるのですが、その必然性は命中すると火薬が爆発して火災を発生させる炸裂弾の発明の説明がなければ難しい事、またこれが理由で鉄鋼船ができたことなどを読者に知ってほしいからだと説得しました。こうした技術的な進化によって軍艦の建造費用が飛躍的に高価になります。ゼロ戦に比べてF35がもすごく高価な事と同じです。そしてこれが開戦に至るひとつの大きな原因となっていくのですが、そこには順序立てた理解が必要なのです。

日露戦争(1904~05年)で「三笠」と一緒に活躍した戦艦「富士」と「八島」は1891年の第2回帝国議会に予算請求が出されますが否決されてしまいます。続けて翌年の第3回、その翌年の第4回と否決され続けますがそれは当たり前なんです。

当時の日本の国家歳出が8千万円、その内軍事費が既に2600万円ですから残りは5400万円。そこへきて1隻1千万円もする戦艦を2隻買ってくれと頼むわけなんです。今でいうならばというのは、僕が一番大嫌いな質問なのですが、それでも敢えていうならば10兆円の戦艦を2隻買ってくれといってるわけなんです。これは清国北洋艦隊が85年にドイツから買った(就役した)「定遠」と「鎮遠」という2隻の巨砲を搭載した装甲軍艦が東シナ海の脅威になっていたのが理由です。対ロシア海軍では無かったのです。結局日清戦争には間に合いませんでしたけれどね。どうやって買ったのかは是非連載を読んで下さい。


英国ロイヤル・ソヴリン級戦艦


さてここで私は清国北洋艦隊「定遠」のことを戦艦と呼ばずに装甲軍艦と呼んでいます。一方で「富士」は戦艦なんです。マスコミも良く間違えますが「戦艦」というのはテクニカル・タームでbattleshipなんです。したがって「中国の戦艦が東シナ海に。。。」などという記述を時折見かけますが、中国海軍は清国の時代も含めて歴史的に戦艦を保有したことは一度もありません。「定遠」は装甲軍艦=ironcladなのです。なぜかというと戦艦ができたのは1890年のイギリス海軍HMSロイヤル・ソヴリン級からなのです。それ以前に事後的に名乗る艦もありますが、近代的戦艦はロイヤル・ソヴリン級が始祖。そして「富士」と「八島」は基本的にこのクラスです。日本は金も無いのに早い時期から戦艦を揃えようとしていたのです。どうして?トラウマがあったからです。だからペリーであり、アヘン戦争なのです。戦艦の構成要件は是非連載を読んで下さい。

またよく日英同盟(1902年)のおかげでイギリスは三笠などの最新の戦艦を日本に売ってくれたなどと解説されますが、実態はそうではないことがわかるでしょう。1891年にイギリスの最新型の戦艦の発注は日本にかぎらず可能だったのです。清国でも望めば、アメリカでもアルゼンチンでもドイツですらイギリスの最新鋭のヴィッカース製戦艦を買えたと思います。これはどうしてなのかという解説は日本ではみかけませんが、こうしたことも連載の中で説明してあります。そのためには1860年のコブデン=シュヴァリエ条約(英仏通商条約)成立までの理解が欠かせないのです。この条約は外国の経済史家の書いた本には必ず登場しますが、唯物史観の邪魔になるために日本の世界史の教科書には出てきませんから、あなたが忘れたわけではないので気にしないで結構です。

では第1次世界大戦が開戦するまで30話、約半年もありますから是非ゆっくりと連載を読んで下さい。


2015年6月19日金曜日

GEの舶用エンジン


社会人になったら日経新聞を読めといわれて、僕なんかは、なんだかんだで数十年に渡って随分と読んできた。

日経を通じて政治、経済はいうに及ばず、他の業界のことを知ることができる。というわけだ。この方法が一番効率的であることは現在も変わらないと思う。だから新社会人が毎朝日経を読むことはおすすめだ。

ところが造船業界にいた頃は、なるほど他の業界はこうなっているのかとは思っていた。ところが事、自分の業界になると、関連する記事を読むと初歩的な間違いが多くて、新聞記者って何もわかっていないなと思うわけだ。造船だけじゃなくてどの業界であれこういう風に思っている人は多いのじゃないかと思う。

これは証券会社に入っても同じこと。投資別主体の中身や、デリバティヴスや仕組債の理解でもそうだし、ことカストディやプライムブローカレッジなんかになるとものすごく知識のギャップを感じたものだ。もちろん読書家の記者もいてよくわかっている人もいるのだが、大体において記者は忙しすぎて、耳学問が多くて読書不足、大きな流れをつかめない人も多い。


今朝の(6月19日朝刊)日経の企業面のニュース「GEが船舶用エンジン」という記事。「米ゼネラル・エレクトリックは航空機向け技術を転用した船舶用エンジンを開発した」というリード文で始まる。


なるほどGEは航空機技術を利用して舶用タービンの市場に参入したのかと読める。いままで舶用のエンジンは開発していなかったかのような書きぶりだ。だけどGEは昔から舶用タービンの老舗中の老舗だ。ジェットエンジンは舶用や発電機用タービンの技術がなければ産まれなかった。これはリード文がミスリードしている例だ。

GEのHP より

GEの舶用エンジンHP


このGEの発表の目玉は、今回のエンジンはスクリューを回す推進用のタービンではなく、船に積んだ発電用のLNGガスタービンで発電機を回して、その電気を使ってモーターで船を推進するとともに、タービンを回した際の余熱で蒸気を発生させ、その蒸気でさらに追加的な発電用の蒸気タービンを回すというエコなシステムにある。
この2つを組み合わせることで、現在経済的な理由から主流にある舶用ディーゼルにとって替わる可能性があるという点がニュースのポイントだ。他にもエンジンルームを小さくできることから積載可能量も増える点と、シェール開発に伴うLNGの生産増加がこのエンジン・システムの普及後押しするということだ。
最後の舶用エンジンシェアもミスリードだ。これは舶用ディーゼルに限ったシェアだし、しかもブランド別の生産量でしかない。舶用の場合はライセンシーが生産している場合が多いからだ。例えばここで1位のMAN-B&Wの場合、生産量の99%が川崎重工などの世界中に散らばったライセンシー達なのだ。

日本舶用工業化の資料―エンジン・シェア

記事に負けないように本を読んでおくしかない。
今週刊エコノミストで連載中の『日本人のための第1次世界大戦史』を読んでおくとこの辺りのことには詳しくなるよ。






2015年6月11日木曜日

次回作『日本人のための第1次世界大戦史』の連載が始まります


昨晩遅く、最終のゲラ(印刷見本)が週刊エコノミスト編集部から届きました。

いよいよ来週月曜発売の週刊エコノミストから、次回作『日本人のための第1次世界大戦史』の連載が始まります。

次回作に関してのお話は出版社からいくつか頂戴していましたが、今回は週刊エコノミストでの連載という形態を選びました。全体の詳細なプロットが出来たのが昨年秋、それから打ち合わせを繰り返してきて今日に至りました。全65話のうち30話までをすでに書き終えています。

『日露戦争、資金調達の戦い』はありがたいことに高い評価を頂戴しましたが、実は買った人(親戚や知人)の約半分がよくわからない部分があったという感想を持っています。金融のところは噛み砕いたつもりでしたが、それでも難しかったようで指摘を受けて「そうか」と納得していた次第です。

今回は編集者がエコノミスト誌の平均的な読者の立場から、ここがわかりにくいとい点を徹底的に詰めていきながら執筆しました。内容は軍事産業史、特に近代的戦艦の誕生までの技術的過程と軍事ロジスティックスを絡めた鉄道史を中心に19世紀の経済史、金融、普通選挙と徴兵制度、識字率とメディアと石油の発見(石油ランプのおかげで夕刊紙が読めるようになった)など多岐にわたります。何故か個人的な趣味の問題で編集者の大反対にもかかわらずウィスキーもよく登場します。

そのために書き終えた30話ですら、実はまだ戦争は始まっていません。サラエボの銃声までたどり着いていないのです。戦争中の話は多分20話ほどですが、それが一番第1次世界大戦を理解する早道じゃないかと考えてのことです。

日露戦争の資金調達の後は、15年戦争から第2次世界大戦のファィナンスを書こうと、データも集めたし史料も読み込みましたが、その結論が「その前に、とりあえず第1次世界大戦を知っておこうよ」ということだったのです。

楽しんでいただければと思います。