2015年7月29日水曜日

『日本人のための第1次世界大戦史』第7回


週刊エコノミスト連載の『日本人のための第1次世界大戦史』も早くも第7回となった。エコノミストの記事としては段々違和感がなくなってきた。かな?

鉄道を初めて戦争に利用して効果をあげたのは、1859年の第2次イタリア戦争(イタリア対オーストリア)の応援にかけつけたフランス軍である。鉄道以前であれば2か月かかる行程を11日間で12万のフランス軍を戦場にまで運んだ。この時対峙したオーストリア軍は新式の前装ライフル銃を装備して、新しい散兵方式でフランス軍の旧来の密集隊形と戦ったが、たまたま負けてしまった。気合が足りなかったのだと思う。その為にオーストリア軍はフランス軍に倣い再び古い密集隊形に戻してしまい、プロイセンとの戦争に臨むことになった。

弾丸の初速が速いライフル銃の銃創は酷く、この辺りの戦争から負傷兵の手足の切断手術が格段に増え、戦争の酷さが増すことになった。

シャルンホルストやクラウゼビッツを輩出したプロイセン参謀本部も、実戦を経験するまでは軍内では軽い扱いだった。モルトケが登場しその綿密に準備された調査や作戦の効果が将軍達に評価されることによってはじめて軍内の地位が向上した。いずれにせよ鉄道と電信がなければ参謀本部は効果を発揮できなかったことは間違いない。この頃の戦争は初動の動員にどれだけの兵力を集中できるかが戦争の帰趨を決定したのだ。

記事中の地図をみれば当時のドイツの国境線がわかるだろう。東のポーランドは併合されロシアと直接国境を接していた。来週は普仏戦争を説明したい。何しろ一話3千字の制約があるので書ける範囲には限度があるが、ダラダラ書かずにすむというメリットもある。

今から7年ほど前に、パリ北駅からベルリンまで寝台車に乗った。ベルリン中央駅が完成前で、旧西ベルリンの中心駅だった動物園前駅までの乗車だった。車両と運用はドイツ国鉄で、2人用の個室でシャワーもついていて、朝食は部屋まで届けてくれた。



後で気がついたことだが、列車はパリを出ると北東にハノーファーを目指し、そこから真東にベルリンに向かった。中央集権国家であるフランスの鉄道はすべての路線がパリを目指して敷設されている。一方で山がちの地形で鉄道黎明期に小さな国々に分かれていたドイツは、バラバラに鉄道が敷設されたので結果として東西南北のグリッド状に線路網がはりめぐらされることになった。このことが後の普仏戦争に大きく影響を及ぼすことになる。

続きは次回週刊エコノミスト


2015年7月22日水曜日

『日本人のための第1次世界大戦史』第6回 電信の発明


週刊エコノミスト連載の『日本人のための第1次世界大戦史』は今週で第6回です。今週のテーマは「電信の発明」。

フランスの腕木信号と日本の「旗振り通信」、電信以前の遠距離情報伝達方法には他にも狼煙やアフリカのトーキングドラムも有名です。狼煙は「来た―来ない」のような1ビットの情報ですが、ドラムは違います。これは文字を持たず口語だけの世界における遠距離通信方法で、したがって太鼓のたたき方がモールス信号のように文字に対応しているわけではありません。太鼓がまさに言語をしゃべるという役割で、つい最近でも奥さんから太鼓でヤム芋のお昼ご飯ができたから家に帰れとドラムでメッセージが届いていたそうで。その後すぐにドラムは通信の進化の過程をジャンプしていきなり携帯電話にかわってしまったのです。

電信が初めて戦場からロンドンまで繋がったのがクリミア戦争。実はザ・タイムズが従軍記者を初めて配置したのもクリミア戦争です。この記者ウィリアム・ラッセルは映画『遙かなる戦場』(1968年)にも登場してきます。また軽便鉄道が有効利用されたのもこの戦争ですが映画には出てきません。ちなみにクリミア戦争当時のクリミア半島の住民の80%はタタール人です。でもここはロシア人が血で購った土地でもあります。

電池の発明が1800年、発電機の発明はその半世紀後。リレーが出来て、モールス信号が発明されて電信は広く普及します。

モールスは当初アメリカで売れなかった電信の特許使用権をフランスの当局(腕木信号)に売りにいきますが、そこで問題にされたのが、「電線が切れた時にはどうしょうもないではないか」との言葉。欠点ばかり見て+思考ではなかったのですね。

電信を一番早く利用したのがロンドンとアメリカの金融市場。アメリカではエジソンのティカー・マシーンが広く使われました。この辺りは拙著『金融の世界史』にも書いてあります。

もうひとつ電信を鉄道とともに有効に活用した組織がありました。プロイセンの参謀本部です。次週からはビスマルクとモルトケの登場です。第1次世界大戦の理解にドイツ統一戦争は欠かせません。

参考図書は『インフォメーション』ジェームス・グリック、新潮社、2013年。『無線百話』若井登監修、クリエイト・クルーズ、1997年。などなど。



2015年7月14日火曜日

『日本人のための第1次世界大戦史』第5回 鉄道の誕生


今週の週刊エコノミスト、『日本人のための第1次世界大戦史』連載第5回は産業革命の中核である鉄道の誕生についてです。

鉄道と戦争の関係では、その機動力から進撃するイメージとともに攻撃兵器としての印象が強いかと思います。兵隊を陸続と輸送する。ところが本文で説明している通り、路線の敷設には時間がかかります。攻める側がどんどん線路を敷設できない以上、進撃には向いていません。むしろ兵站という側面からは、後方に線路が確保された防御側に有利な技術革新であったのです。大量の兵員が輸送され、機関銃や大砲ができて砲弾の使用量(トン数)は激増します。トラックなど自動車が未だ充分に普及しない以上、これこそが第1次世界大戦が塹壕戦になった最大の要因です。どちらも攻撃したとしても数十マイル進むと兵站が続かなかったのです。

一方で緒戦の攻撃部隊の国境配置には鉄道による速やかな動員は欠かせません。この具体的な例がドイツ統一戦争です。次回第6回は鉄道線路に沿って延伸された通信技術の発達の話でその後の7、8回でドイツ統一戦争を解説して鉄道の効用と電信、さらにはそれを活用したドイツ参謀本部の話に入ろうと思います。もちろん戦前日本を揺るがせた統帥権独立問題の根源はここにあります。

また日露戦争についても第18話で鉄道の話に触れることになります。18話でやっと日露戦争かといぶかる読者もいるかと思いますが、それまでに徴兵制と民主主義、兵隊と識字率、メディアの発達、経済のグローバリゼーション、兵器製造の産業化など、扱っておかなければならないテーマが数多くあるのです。鉄道で数十万人の動員が出来ても配る鉄砲が大量生産できなければ仕方がないでしょう。

ジュード・ロウ主演の第2次世界大戦の映画『スターリングラード』では鉄砲は3人一組に1丁の配給、最前線に到達するまでに70%ぐらいは死んでしまうだろうから一人に1丁配る余裕がなかったのです。鉄砲よりも人の命の方が安かった。もちろんこれはよそ事ではありません。

鉄道の軌間(ゲージ)の問題は世界中の問題で各国個別の事情を持っています。特に19世紀にイギリスやドイツからではなくアメリカから技術導入した国や地域で適当なゲージを使った形跡があります。後に都電になる日本の馬車鉄道もそれで、標準軌でもJRのゲージでも何でも無い馬車軌(1372㎜)といわれる今となっては日本独自のものです。

黎明期の首都圏の私鉄は東京市の市街地に最終的に乗り入れるつもりで線路を敷設したので多くはこの馬車軌を採用しました。かつては京成や京急、今でも京王(井の頭線を除く)、東急世田谷線、都電荒川線、函館市電などが採用しています。その中でも都営新宿線は京王電鉄との接続の関係で馬車軌を使用しています。そのために市川市本八幡では京成線と接続できなかったというお話を盛り込んでみました。

また狭軌を採用した軽便鉄道の話なども、北海道や近いところでは千葉県の県営鉄道の歴史なども面白い話がたくさんありますが、本題の趣旨ではありませんので書けませんでした。

鉄道の参考図書としてはジョン・ウェストウッドの『ビジュアル版 世界の鉄道の歴史図鑑―蒸気機関車から超高速列車までの200年』が定番でしょう。日本では青木栄一さんの『鉄道の地理学 』(WAVE出版)が面白い。また日露戦争関連では原田勝正さんの『増補 満鉄 』(日本経済評論社)はおすすめ、軌間変更の改軌の話はとても面白い。イギリスのクリスチャン・ウォルマーが『世界鉄道史』(河出書房)と『鉄道と戦争の世界史』(中央公論出版社)を出していて、いかにもそれらしいけれど、僕との相性はあまりよくないようです。

兵站関係では何といっても名著『補給戦―何が勝敗を決定するのか (中公文庫BIBLIO) 』(マーチン・ファン・クレフェルト、中公文庫)はもうこれだけ読めば十分という充実した内容。補強には『戦争の世界史(上) (中公文庫) 下』(ウィリアム・マクニール、中公文庫)、『ヨーロッパ史における戦争 (中公文庫) 』(マイケルハワード、中公文庫)を読んでおけば充分でしょう。もちろんこの分野には凄いマニアが多くて、玉石混交ながらこれ以外にもムック本など良い本はたくさんあります。


2015年7月12日日曜日

ミンスキー・モーメント


ここのところ投資家の眼は中国市場の拙い株価維持政策に注目しがちだ。近年これほど分かり易い愚作も珍しいのでdisるにはもってこいなのだが、この事件の本質は株式市場が暴落したという事実にあることを見失ってはいけない。

今回おつきあいで買い出動してくれた人たちも、次回安値を下回るといつまでもいい顔をしてはいられない。この手の相場操縦で何が怖いのかと言えば、一度に集中的に出る売り物の分量を増やしてしまったことだ。

Market Hackの広瀬さんが今回の中国市場暴落の解説で「ミンスキー・モーメント」という市場用語を非常に控えめに使っていたけれど、僕も広瀬さんの意見に同感だ。今回も必ずそうなるという話ではなくて、せっかくのリーマン・ショックでの貴重な経験をすっかり忘れてしまうなんて「もったいない」話しだと思うからだ。でも多分ミンスキーをwikiで知らべてもよくわからないだろうから、お節介ながら株屋さんとして解説しておこう。これは僕が昔(2010年頃)書いたブログの焼き直しであることを断っておく。

効率的市場仮説(EMH)とハイマン・ミンスキーの金融不安定仮説(FIH)はお互いに相反する仮説というわけではないけれど、よく並べて記述される。2007年以降は、EMHの権化であるはずのハリー・マーコビッツがFIHの本を全然読んでいなかったことから、ピムコのポール・マカリーがからかったりしてよく並んで書かれてきた。

The Efficient Market Hypothesis EMH=効率的市場仮説
The Financial Instability Hypothesis FIH=金融不安定性仮説

EMHはご存知のとおり全ての情報は価格に織り込まれていることを前提とする。裁定が働いて市場は均衡状態にあると言う考え方でファィナンス理論は基本的にこの考え方をベースに構築されている。

FIHの方はリーマン・ショック以降に広く知られるようになった市場の不安定さを説明する仮説だが、それでもまだ一般的では無いだろう。しかし市場の大勢を考える上では単純ではあるけれども大切な思考フレームだ。 

第1定理
ヘッジ金融が多数を占める場合は安定した経済システムといえるが、投機的金融やポンツィが増えてくると不安定な経済システムとなる。
第2定理
長期にわたり安定が続くと不安定化する状態に移行する。 
要するに、市場が長い間好調だと不安定化するという、そりゃそうでしょうよ、というようなありがちな話だ。

ではヘッジ金融とかポンツィとは何なのかというと、ハイマン・ミンスキーのFIHでは経済活動において以下の3種類のユニットがあると考える。ユニットとは経済主体あるいは市場参加者と考えても良いだろう。

① ヘッジ金融ユニット:
キャシュフローで債務の支払が元本金利分とも可能なユニット。 つまり収入から必要経費を支払った残りで元本分+金利を充分に支払えるユニット。法人で言えば適正な借入金を持ち、利益を出しながら順調に事業を継続している会社、個人で言えば給料に見合ったローンを持っている状態、貯金も少しは積み上げている感じだ。

② 投機的金融ユニット:
ヘッジ金融から一段階すすんで、元本は返せないが、金利だけは支払っていける状態のユニット。 住宅ローンで元本はしばらく結構ですからとりあえず金利分だけ支払って下さい。と言う状態。 街金で言えば毎月毎月ジャンプしている状態。EMHではこの段階でユニットは市場から退場してしまうはず。今はつらいけれど、直(じき)に不動産価格も上昇して何とかなるさ、だから銀行さん貸し剥がしなんかしないで長い目で見てねという状態。

③ ポンツィ・ユニット:
通常の営業キャシュフローでは金利分すら支払えない状態。こうなると資産を売却するか、さらに借り入れを増やして利子の支払いの為に借金をしなければいけない状態。追い貸し。街金でいう多重債務者。「ポンツィ」はマドフ事件で有名になったけれど「ねずみ講」の意味。

ここでの各ユニットは一度どのユニットか決まってしまえば永久にそのユニットのままと言う訳では無く、ヘッジ⇒投機的⇒ポンツィへと移行しやすい性質を持っている。 逆向きは何か強制的な動きが無いと起こりにくい。それは例えば、借金棒引きとかすごいインフレとかが考えられるだろうね。

長い安定期間があると市場参加者はついつい見通しに甘くなって投機的な行動をとりやすい。資産価格が継続的に上昇していれば良いけれど、そうした上昇分は新しい拡張的な借金の担保に供されて借金総額を大きくしてきたはずだ。いうならば人間の持つ果てしない欲望が安定したビジネスから徐々に投機に走らせてやがて破綻するというありきたりの話でもある。日本の土地神話、アメリカのサブプライムも不動産価格の上昇を見込んでいた分だけ同じ仲間じゃないの、では中国だけは別物なのかという話だ。

一見単純そうに見えるミンスキーの仮説で一番大事なのはここからで、ポンツィ・ユニットが我慢の限界にきて資産を投げ売りし始めるとそれまで投機的ユニットであった者も資産価格が急落して一気にポンツィ化する。するとスパイラル的に資産価格が下落してヘッジ・ユニットまでがポンツィ化してしまうということにある。そしてこれはある出来事を起点として、徐々に浸透していって、ある日突然問題が表面化する。この臨界点にあたるある出来事をミンスキー・モーメントと呼ぶ。ピムコのポール・マカリーが1998年のロシア債務危機の際に名付けたのが始まりだ。

因みにリーマン・ショックの時のミンスキー・モーメントはBNPパリバがオフ・バランス・ビーイクルのひとつを凍結した2007年8月9日。当時はそんなこと誰もわからなくて、NYダウはその後何事もなかったように一度は切り返した。でも誰もわからなくては言い過ぎで、この時、巨大株式ファンドに大量のまとまった解約が出たことは市場関係者を震撼させた。今から振り返ればね。今回は中国の話。対岸の火事ならばよいけれど。





2015年7月8日水曜日

『日本人のための第1次世界大戦史』第4回


週刊エコノミストに連載中の『日本人のための第1次世界大戦史』も今週号で早くも第4回。今回は近代的戦艦の誕生第3話として船の推進装置である「スクリュー」と木造の帆船がいかにして鉄で装甲するようになったのかということで「装甲軍艦」について書きました。

ロバート・フルトンの発明した蒸気船は外輪船で、英語だとペダル・ボートと呼ばれるもので、遊園地にある足で漕ぐペダル・ボートと原理は同じで、水を掻き分けて推進力を得ます。しかしこれは露出している分だけ砲撃戦になると破壊されやすいし、構造的に船の横の本来であれば大砲を搭載したい部分の面積をとってしまいます。そこで喫水線下にあるスクリューの発明が、蒸気機関が軍艦に採用される大きな要因となったわけです。スクリューの発明とアッサリと書いていますが、その効率的な形状の模索は現代でも続いています。潜水艦のスクリュー音を消すための掘削装置のソ連への輸出がココム違反となった事件を憶えている方もいるでしょう。

雑誌の絵はフランスのナポレオン号、旧式な戦列艦から蒸気機関の煙突が立ち上がっている姿は奇妙なものですが、大きな外輪に比べて抵抗の小さなスクリューは帆走との相性も悪くなかったのです。

木造船に鉄板を貼って防御鋼板とすることが始まったのは、炸裂弾の発明とその実用化がきっかけです。ナポレオン号のような戦列艦の大砲の一部が前回解説したペグサン砲にかわって着弾すると爆発するようになりました。これの具体的な戦訓がクリミア戦争のシノップの海戦だったのです。この海戦の後各国海軍は従来の木造戦列艦の建造を一時停止しました。その後に登場したのが装甲を施した装甲軍艦と呼ばれる艦種で、フランス海軍のグロワール、これは鉄製の骨格の木造船に鉄板を貼ったもの、翌年のイギリス海軍のHMSウォーリアーはすべて鉄製の初めての大型軍艦でした。このHMSウォ―リアーはHMSヴィクトリーとともに今でもポーツマス軍港に保存されています。

今回はクリミア戦争にページを割けませんでしたが、この戦争は現代のクリミア半島、バルカン半島、ギリシャ問題などその歴史的背景が複雑に絡んだ戦争で、勉強しておくと世界史の知見に厚みが増すことは間違いありません。そもそも東ローマのコンスタンチノープルを中心としたキリスト教の中の正教はロシア正教を除けばイスラム占領下で生き延びたキリスト教です。カソリックやプロテスタントの欧州の国々と違う歴史を持つのは当然なのです。またこの1853年の時点におけるクリミア半島の住民の80%はタタール人であって、ウクライナ人もロシア人も本来の主役ではありませんでした。

オスマン帝国の最盛期は第2次ウィーン包囲戦でしょう。この後の大トルコ戦争の終結が1699年ですから17世紀と18世紀の世紀の変わり目と憶えておけば何かと便利です。ウィーンがイスラムに包囲された事実、コーヒーの普及はこれ以降だとか、モーツアルトの「トルコ行進曲」はトルコ撃退100年記念のトルコ・ブームの中で作曲されたとか色々と結びついて興味深いものです。

クリミア戦争(上) 下』オーランド・ファィジズ、白水社、2015年、は面白い本で、お奨めです。読後にクリミア、ジョージア、バルカンを語れば敵なしですよ。海戦の記述は少し物足りないかな。ともあれこの戦争を契機に軍艦が鉄製になったといっても良いでしょう。