2015年8月30日日曜日

「日本人のための第1次世界大戦史」第10回は「識字率と軍隊」


週刊エコノミスト連載の「日本人のための第1次世界大戦史」第10回は「識字率と軍隊」

そもそも「識字率」や「非識字率」は今日的な用語です、もともとは「文盲率」という単語があてられていましたが、これが毎日新聞社の基準で差別用語として使えなくなっています。

大砲や鉄砲が導入され、それを牽引する馬やその飼葉、火薬の管理などが必要となると下士官も中間管理職的な職務を担う必要が出てきました。そこで下士官に読み書きを教育したのが革命前のフランス陸軍でしたが、王様から見ればこれが裏目に出たというわけです。

またプロイセンはもともと風土として教育を重んじる気風がありましたが、それがナポレオン戦争による敗北によって、ますます重きをなすようになりました。小さな王国に分裂していたドイツでは細かい方言が多く、知識人は田舎言葉として言語的にフランス語に劣後しているという意識があったそうですが、制度や技術を重んじる民族性がその後の言語教育を充実させる方向に向かわせたのだそうです。

モードリス・エクスタインズの『春の祭典』(みすず書房)には一般の第1次世界大戦関連図書には登場しない文化面での詳細な分析というよりは記述が登場してきます。高価な本ですが音楽・美術好きにはとても面白いと思います。『春の祭典』はストラビンスキー作曲のバレエ音楽で、戦争の直前にこの公演はパリで物議を醸しだします。

日本人の識字率は確かに高かったし、それを見出したヨーロッパ世界は確かに驚きましたが、欧州先進国と較べるとそうでもなかったのが実情です。最近流行の「本当は凄かった江戸の日本」とかで取り上げられる高い識字率の出どころは。速水融さんの『歴史の中の江戸時代』(藤原書店)が多いようです。しかしこれは中身をよく読んでもらえば、識字率に関して推測を述べているだけで、学術的な分析が語られているわけではありません。

僕もこれがすべてだとは思いませんが、参考にした書籍としては、R.P.ドーア『江戸時代の教育』(岩波書店)、カルロ・M・チボラ『読み書きの社会史』(御茶ノ水書房)。論文では和泉司「旧日本軍における兵士の言語問題」慶應義塾大学日本語・日本文化教育センター紀要、斎藤泰雄「識字能力・識字率の歴史的推移‐日本の経験」広島大学教育開発研究センター、『国際教育協力論集』などが参考になりました。もちろん第9回で紹介した参考図書も密接に関係しています。


25日書いてアップするのを忘れていました。




0 件のコメント: