2015年9月28日月曜日

「日本人のための第1次世界大戦史」中盤予告。



週刊エコノミストに連載中の「日本人のための第1次世界大戦史」。読者の方から編集部を通じてお手紙を頂戴したりします。

昔は読者からの便りというものが多かったのだそうですが、SNSの発達した現代、こうしたお便りは珍しいものなのだそうです。

本連載は電子記事化していないので、直接の反応はありませんが、却って落ち着いて書けるのではないかと、僕はメリットの点だけを考えております。

今週は第15話。いよいよ近代的戦艦の登場です。戦艦ロイヤル・ソヴリン。ものすごく高価な兵器です。

16話からは日露戦争関係の話に入ります。

16話はマハンの『海上権力史論』、17話では日露戦争直前に行われたマッキンダーの講演に触れます。イギリスでは地理学がやっと大学の学問の仲間入りをしたところで、まだ地政学は確立されていませんでした。

18話が日露戦争と鉄道の関係。実はこのテーマに絞って書かれた本は外国の学者による英語の文献だけです。"Railways and the Russo-Japanese War-Transporting war" Felix Patrikeeff(Oxford) and Harold Shukman(University of Adelaid),Routledge military studies,2007.この戦争を一言で表現すると、Transporting warという見方もあるということです。

19話が無線機の発明、日露戦争の直前でした。アイリッシュ・ウィスキーのジェイムソンが登場します。20話がイギリス海軍による黄海海戦、日本海海戦からの技術的フィードバック。破壊されたロシア戦艦を徹底的に分析します。そして新しい究極の戦艦が登場します。これが戦艦ドレッドノート。21話がそれを受けての各国予算に占める建艦予算の比率。国家予算はまさに戦艦建造のためにありました。

22話が日露戦争がいかに欧州列強国の同盟関係に影響を与えたか。ロシア陸軍は半壊してしまいます。ウィスキーのヘイグも登場します。そしてその結果生まれたのが有名な23話シュリーフェン・プラン。歴史的に東西両面の敵に苦慮してきたドイツが出した攻略作戦。フランスを先ずはたたき、出足の遅いロシアはその後で倒せばよし。鉄道があればこその作戦です。日露戦争奉天会戦の結果ひねり出されたものです。そして第1次世界大戦の幕開けは、この作戦で始まりました。(異論も多いのですが)

お楽しみに。

0 件のコメント: