2015年10月28日水曜日

第19回「無線と日露戦争:日本人のための第1次世界大戦史」


週刊エコノミスト連載中「日本人のための第1次世界大戦史」
第19回は「無線と日露戦争」です。


‐これは連載本文に対する解説です。是非本文の方をお読み下さい‐

無線機を発明したマルコーニの母親が、アイリシュ・ウィスキー、「ジェムソン」のお嬢さまであったことを少し強調しました。彼女がオペラの勉強のためにイタリアへ赴いたことが、無線機の発明者の栄誉をイタリアにもたらしたわけです。しかしイタリアでの起業はできませんでした。資本市場とそのインフラである、マーチャント・バンク、特許や法務のプロが充実していなかったからです。マルコーニは母と共にロンドンに引っ越して起業しました。何か現代的なお話でもあります。このあたり、ボローニャの地主であったイタリア人の父親の話はあまり記述がありませんのでよくわかりません。

アイルランドは1845年から51年にかけてジャガイモ飢饉に襲われます。これが穀物法廃止につながったことは第12回の「グローバリゼーション」に書いておきました。この時アイルランドでは100万人の死者と数多くの移民を出して人口が大幅に減少してしまいます。1840年の820万人が1911年の段階では440万にまで減っているのです。その代わりと言ってはなんですが、数多くのアイリシュがアメリカに移民して大きな勢力を築きます。現在では約3600万人のアメリカ人がアイリシュ系であると自認しています。全世界では7000万人といわれています。

このアイルランドからの移民向けの輸出と19世紀後半にヨーロッパを襲ったフィロキセラ病によるブドウの木の被害とそれによるワイン生産の減少によって、アイリシュ・ウィスキーはスコッチともども世界中で広範に飲まれることになりました。20世紀の初頭にはスコッチと並ぶほど産業として全盛期を迎えていたのです。

その後のアメリカの禁酒法、また2つの世界大戦においてアイリシュ系アメリカ人の兵士がスコッチに魅了されたことによってアメリカにおけるアイリッシュ・ウィスキーは衰退したという意見が多いようです。

バーでジェムソンを見かけるたびに、私はマルコーニの無線機に思いを馳せています。

http://www.jamesonwhiskey.com/jp/

ちなみに私のアマチュア無線のコールサインはJH1OGKです。小学校5年の時に免許を取得しました。試験会場の社会センターという今は無きビルの地下食堂で食べたポーク・ソテーが美味しくて、何故か今でも表面の小麦粉が少し焦げたカリカリさと中身の柔らかさが鮮明に記憶に残っています。あれを凌駕するには40歳を過ぎて食べた「たいめい軒」のポーク・ソテーまで待たなければなりませんでした。話がすごくスライスしてしまいました。




0 件のコメント: