2016年8月29日月曜日

「日本人のための第1次世界大戦史」第60回航空戦


週刊エコノミストに連載中、「日本人のための第1次世界大戦史」
今週9月6日号は第60回「航空戦と撃墜王」です。

目次 2016年9月6日号

「総力戦」という言葉は、ドイツの元参謀次長ルーデンドルフ将軍が戦後の1935年に書いた著書”Der totale Krieg”からきています。航空機そのものの技術水準(質)と生産力(量)はまさにその象徴と言えるでしょう。大戦中にドイツは4万6千機を生産、イギリスが5万5千機、フランスが5万2千機、アメリカが1万4千機です。大量生産の時代でしょ。アメリカのフォードは第1次世界大戦中の1917年に早くも年産50万台の自動車を製造しています。

実は古い戦記では、WW1の制空権をあまり重要視していないものも散見されますが、陸上の会戦でも、偵察や着弾観測に空の影響力が大きいのは当然です。

第1次世界大戦の空中戦を扱った映画では、
『ブルー・マックス』(原題:The Blue Max)イギリス、1966年
『レッド・バロン』(原題:Von Richthofen and Brown)、アメリカ1971年
『フライボーイズ』(原題:Flyboys)、アメリカ、2006年
『レッド・バロン』(原題: Der rote Baron)、ドイツ、2008年
などが今でもDVDで見ることが出来ます。2008年のレッド・バロンはエンジン・マニアにはお奨めです。

日本映画では、加山雄三主演の『青島要塞爆撃命令』東宝、1963年が見れます。歌と踊りありの戦争娯楽映画。ドイツ軍のタウベが登場しますが、時代考証には目くじらを立てずに観ましょう。

変わったところでは、デカプリオ主演でハワード・ヒューズの人生を描いた『アビエイター』2004年、ヒューズの映画『地獄の天使』の製作場面でドイツの大型爆撃機ゴータなどが登場します。

また「レッド・バロン」ことリヒトフォーフェンは伝記『撃墜王リヒトフォーフェン』(1980年、朝日ソノラマ、航空戦史シリーズ)が古本で手にはいります。これはドイツ騎兵のベルギーでの民間人に対する態度など、色々と驚かされる本です。悪い意味でね。

次回はUボートの話。ロイド・ジョージの護送船団方式ばかりが注目されますが、爆雷やソナーなど対潜兵器の開発時期も重要です。


0 件のコメント: