2018年6月28日木曜日

【高論卓説】サッカー日本代表と今の若者たちにみる 経済牽引への新たな息吹の期待


高論卓説】サッカー日本代表と今の若者たちにみる 経済牽引への新たな息吹の期待

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が開催されている。6月7日付の世界ランキングで日本は61位だが、初戦で16位のコロンビアを倒す大金星を挙げた。この45位差の下克上は今大会最大である。月曜日未明の日本の2試合目では、フィジカルの面で圧倒的優位に見える27位のセネガルを相手に引き分けに持ち込んだ。これも偉業である。(作家・板谷敏彦)

 私世代の古い記憶では、確か日本は世界ランク20位ほどにいたと思っていたのだが、いつのまにか順位を落として61位になっていたという感覚が強い。わが国が世界で61番目とは、もろもろの理屈抜きで寂しい順位なのだ。今でこそ日本はW杯で話題沸騰だが、大会前は期待も低く盛り上がりを欠いていた。

 スポーツなどできなくても頭が良くて、もうかっていればいいさ、と経済にまつわる世界順位を改めて眺めてみると、サッカーにおける順位と似たようなことが起きている。昔、ジャパン・アズ・ナンバーワンと経済面ですごかった日本が、それほどでもなくなっていることに気づかされる。

 その国の経済の規模を計るGDP(国内総生産)こそ中国に抜かれながらも、いまだ世界3位の地位を保っているが、これは中国もそうだが単純に人口が多いからであって、GDPを人口で割った1人当たりになると、日本は世界ランク30位にまで落ちる(IMF購買力平価GDP、2017年)。東アジアではマカオ、シンガポール、ブルネイ、香港、台湾に次いで6位である。

 また、主要国で構成されるG7諸国においても1990年代には1位だったが、今では6番目で下はイタリアだけとなっている。残念ながら、わが国は思っていたよりも経済的にずいぶんと凋落(ちょうらく)している。この傾向は2012年のアベノミクス以降も同じで、国内の景気が良くなったと思っていたら、世界はもっと景気が良かったのだ。
先日、日本経済を代表する経団連正副会長19人の同質性が話題になった。メンバーに女性はゼロ、全員日本人、一番若い人が62歳の高齢集団、全員転職経験なしのサラリーマン。これで今や多様性がイノベーションを牽引(けんいん)する世界経済と対等に戦えるのかどうか。

 『新・生産性立国論』(東洋経済新報社)を書いたデービット・アトキンソン氏はデータを示して、女性の経済参加度と、その国の生産性は相関性が高いと主張する。世界経済フォーラムの16年度のデータでは、日本の女性の経済参加度は144カ国中118位で、どうやらここらに問題があるのだろう。

 また『さらば、GG資本主義』(光文社新書)を書いた藤野英人氏によると、「働くのが当たり前」と思っている日本の若者は39%しかおらず、「できれば働きたくない」と考えている若者が3割もいるそうだ。

 さらに勤務先の会社への信頼度を聞いた調査では、世界先進28カ国の平均72%に対して、日本は最下位の57%だったそうである。もはや真面目で会社への忠誠心が高い日本の若者像を期待するのは間違っているのかもしれない。

 とは言いつつサッカー日本代表の若者たちは強敵を相手に健闘している。また前出の藤野氏は最近の若者たちの中に新たな成長の息吹を感じるという。であるならば、せ
めて「GG」はこれを応援こそすれ、あれこれ口出しは無用なのかもしれませんぞ。

板谷敏彦