2018年10月11日木曜日

【高論卓説】AIを極端に恐れる必要ない


【高論卓説】AIを極端に恐れる必要ない ヒトに及ばず、何ができるか見極め大事 2018.10.11 フジサンケイ・ビジネスアイ 


自動車王ヘンリーフォードが、ライン生産方式を導入して、当時既に大人気だったT型フォードを大量生産したのは第一次世界大戦の直前だった。これによってライン導入前には12.5時間かかっていた1台当たりの製造時間は2.6時間まで短縮されて、フォードは自動車の販売価格を劇的に下げることができた。省力化はできたのだが、安価になった車は倍々ゲームで売れるから人手はいくらあっても足りない。

 フォードは2ドルだった自動車工の日給を一気に5ドルにまで上げて労働力を集めた。日給5ドルというのは従業員でもT型フォードが買えるようにとフォードが考えた水準だった。フォードの従業員が車を買えないようでは大衆に売れるわけがないからだ。かくして自動車は大衆化しアメリカでは世界に先駆けてモータリゼーションが始まった。自動車工の賃金は皮肉にも合理化によって上がったのだ。

 フォード没後のフォード社の経営を担った孫のヘンリーフォードII世もオートメーションに積極的な経営者だった。ある日、これも戦後のアメリカの労働組合(UAW)を担ったウォルター・ルーサーを連れてフォードの最新工場を案内しているときに、フォードII世はルーサーをからかった。新工場では相当な合理化が見込めそうだったからだ。

 「ルーサー、君はどうやってこうした機械から組合費を徴収するつもりかね?(組合ももう終わりだな)」

 すると、T型フォードの逸話を知っていたルーサーはこう切り返した。

 「ヘンリー、君はどうやってこの機械たちにフォードを買わせるつもりかね?」

 AI(人工知能)はやがて人類の能力を凌駕(りょうが)して自律的に進化を始めるという「シンギュラリティ」が話題になっている。チェスや将棋、囲碁の世界でもAIが人間に勝つようになった。駅で切符をチェックしてはさみを入れていた駅員は既に自動改札機に取って代わった。今後はそうしたルーチン的な職業に限らず、意思決定が伴うような仕事でも、医者、弁護士、会計士などの仕事の一部でさえもAIは人の仕事を奪っていくだろう。これからはよほど準備しておかないと万人に仕事が行き渡らない世の中がやってくるというものだ。
しかし、AIが登場する、はるか以前からメカニカルな機械による合理化は進んでおり、単純労働者は次第に駆逐された。先進国では産業従事者の構成比は歴史的に農業から工業、サービス業主体へと変遷してきたわけで、なくなる仕事もあれば新しく創出される仕事もある。昭和30年代のサラリーマンにシステムエンジニアやネイルサロンという仕事は想像ができなかっただろう。

 物理生物学者の松田雄馬氏によると、現状ではAIが人間の持つ生物としての知能並みの知性を得る可能性も、その糸口さえも見つかっていないのだそうだ。従ってAIの漠然としたイメージにおびえるよりも、AIによって具体的に何ができて何ができないのか、現実の自分たちの仕事を見つめ直すことが大切なのではないだろうか。